2005年12月01日

SuperBandit 全体組立の前準備

モーターマウントにモーターを取り付けます。

図面ではモーターマウントは1枚となっていますが 私は2枚にしました。

重量は増えますが この方がセンターが出し易いし

10mm角のマウント材も保持し易いです。

両側面に端材を貼り付け 角材を押し込めば おしまいです。

モーターマウントに尾翼を仮組して プロペラと干渉しないか確認しておきます。

この機体は仮組して遊ぶには

部品どうしを差し込んでいけば簡単に形になるのですが

いざ接着となると そこのところがネックとなります。

スチロール用の接着剤は乾燥時間が早い為

差し込んで固定するような所には向きません。

透明なガラス用のエポキシもこの辺にはチョッと向きません。

それで 先ず正確に仮組します。

アッチコッチから眺め回し 歪んでないか確認

接着部分を出来るだけ正確にマーキングします。

位置決め用に要所要所に端材を貼り付けます。

胴体を組んで後から翼を差し込むと言うような作業は非常に困難なので

片側から順に差し込んで 一発勝負で接着します。

それよりも 主翼の下の部分の胴体を切って

普通に取り外し出来る様にした方が悩まなくてよいかも知れません。

また胴体内は見かけより狭い

リンケージは接着前に方針を決めておいた方が良さそうです。

 

オマケ

今日仕入れてきた道具です。

左のカッターは コピー用紙1枚を切ることが出来 下地にキズを付けません。

右の定規は 一見普通のアクリル製の物のように見えますが

チョッと工夫がしてあります。

カッターの刃をあてる 厚い方の側面にSUS板が貼り付けてあります。

その為普通のアクリル製の様に刃が食い込みません。

アルミ製の場合は影で線が見辛い事がありますが これは下が見える為

非常に作業がし易いです。

又5mm間隔で平行線が引いてある為

5mmのスチレンペーパーが殆んどの私の場合 とても助かります。

私はテンプレートは最後の最後まで剥がさないようにして

この様に接着部分のみテンプレートを切り抜く様な時に重宝します。



posted by MOMO at 11:56| 福岡 ☁| Comment(0) | SuperBandit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。