2008年11月02日

TORNADO-F2 パーツの切り出し(11) ノーズコーン




ノーズコーンの円盤状のパーツ(左)ですが 此のままで何時間も掛けて削るには
余りに芸が無さ過ぎるので 組立し易いように
インローと中心線のマークを追加(右)しました。
又真中の穴は軽量化と共に
機首部分とのセンター出しをし易いようにするパーツの位置決め用です。



MeshCAMでGコードを作成し 加工後の形状をCutViewer Millで確認します。



ツールパスをNCVCで確認します。
一部削り残しが在りますが無視出来る範囲です。



中心線のスリット部分がチョッと怪しいですが
MeshCAMは初めてなので 此のまま行きます。



組立時形状を確認し易いように色を変えてみました。



予定時間を大分オーバーしましたが
最後まで止まらず 無事に切削する事が出来ました。
119517行 1.49MB程のプログラムです。
結果は やはりスリットの部分が問題ありです。
然し予想の範囲内で対策の目処はあるので 仕上がりは充分満足いくものでした。
5mmのスチレンペーパーを3枚重ねたものですが プラモデルの部品の様な感じです。
表面の仕上げについては スチレンペーパーにこれ以上の加工は
余り意味が無いような気がしますので 程々にしています。
模型を作る時ナイフで削りペーパーで磨く作業は 非常に楽しいものです。
CNCで加工するこの様な作り方では その作業は殆ど無くなってしまい
面白くないと思うかもしれませんが 自分でモデリングした形状を
機械がその通りに削ってくれるのは 其れは其れで楽しいものです。
実際加工中は ほったらかしていても良いのですが
少しずつ形になって行く過程をずっと見ていて 目が痛くなったほどです。
最早完全に後には戻れない感じです。

3D−CAMは普通100万以上するものですが MeshCAMは$175です。
1・49MBのプログラムを普通のPCで数十秒で作ってくれます。
高価なCAMがどの様な能力が在るのかは知りませんが
MeshCAMは此れだけの仕事をしてくれるので充分に満足しています。
勿論フリーのNCVCも非常に素晴しいです。
10年前3D−CADを始めた時
こんなに早くCAD−CAM−CNCの環境が揃うなんて思う事すら出来ませんでした。
本当に良い時代になったものです。



posted by MOMO at 11:53| 福岡 ☁| Comment(4) | TORNADO-F2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
momoさん こんばんは mosu です。
更になんかすごいことになっていますね!
残念ながら私には専門的なことは全くわからないので申し訳ありません。
でも、だんだん 各パ−ツの形が見えてきてわくわく!です。
引き続き注視させていただきます(>_<)/

Posted by mosu at 2008年11月02日 23:19
こんばんは mosuさん
この程度のものでも気に掛けて頂いて有難うございます。
私の前に大勢いるハード,ソフト開発者様に感謝 感謝の日々です。
処でお気に入りは黄色のVテールでしょうか?
その気にさせるデザインと見ましたが如何でしょう?!
Posted by momo at 2008年11月02日 23:48
momoさんこんばんは!
大正解!
でも、欲張りだから全部欲しい!!!
良い機体だもん!ミニFOXもエクリプスもセラちゃんも!
あと、定番ASKも!

YRCは会長さん以下大先輩方々の長年の実績が物語るように、ふらっと!色々な名手さん達のご訪問があり、すごいとこです。

非常に勉強になります(^^)/

Posted by mosu at 2008年11月03日 20:44
こんばんは mosuさん
良い環境のなかでシッカリ楽しんでますねー!
私もシッカリmagoに遊ばれた3日間でした。
黄色いエクリプス 良いですね!
SERAもバッチリです。
然し価値観とか人生観なんていとも簡単に変わってしまうものなのですね。
今一番欲しいものは良く切れるエンドミル一山です。
処で先日は熊本のT模型の店長さんがエアロスバルで北九州上空をブイブイ飛んでました。
模型屋さんて儲かるんでしょうかねー?!
Posted by momo at 2008年11月03日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。