2006年01月06日

F-35 ダクテッドファン 取付

胴体内を通るダクトは当初排気側だったのでこんなもんでいいだろと思っていたのですが

 吸気側で使用するには 1mmのスチレンペーパーではチョッと頼りない感じです。

しかも 本当に480gもの推力が出せるのならば

ファンをダクト後部に差し込んだだけでは弱そうです。

機体を後ろから眺めているとそう感じました。

それでダクテッドファンの取付を見直しました。

胴枠2の処でダクトを切断し ファンのケースを胴枠2と3で支持するように

前方へ移動し胴枠2と3で挟みます。

これでかなりしっかり支持できました。

吸気側の補強としてあり合わせのシートを切って中へ入れてみましたが

腰が弱くてダメだったので 何か適当な物を探してみます。

排気側のダクトを取り付けます。

最近コンビニで プリンやら ジュース等円錐状の器に入っている物をよくチェックします。

つまり直径や絞り加減です。

スケールで測ったりすると怪しまれるので 目見当で良さそうな物を購入します。

今回使用するコーヒー飲料の器は入口の内径が60mmです。

ダクトの外形が59mmで

ダクトに被せると器がテーパーになっているので先端が上手く密着します。

それに器の淵がフランジ状になっているので接着もやり易そうです。

モーターのリード線をかわして コーヒーカップを差し込みます。

内部はこんな感じです。

ファンを回すとコーヒーの香りがします。

排気が漏れないようにしっかり接着します。

プリンとかその類の方が絞りの角度が良さそうな気がしますが

あんまりいろいろ買うと甘い物の取り過ぎになるので止めました。

EDF系の人は 私と同じ様に コンビニをウロウロしてるんでしょうね!

posted by MOMO at 23:36| 福岡 ☁| Comment(4) | F-35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

最後の1行はドキってしました(^^;)
身の回りの物色は楽しいですo(^-^)o
工房が綺麗で、うらめしや〜
「目指せ480g!」どんな飛びになるのでしょう!
Posted by pokey at 2006年01月06日 23:50
どの位 推力が出るか楽しみです。
処で 私の作業場は汚いですよ。綺麗な所しか 写真に撮りません!
Posted by MOMO at 2006年01月07日 00:29
>ファンを回すとコーヒーの香りがします。

思わず笑ってしまいましたwww
ダクト部分だけ見ても僕の機体とは雲泥の差です。
とってもメカメカしくてかっこいいな〜
やはり動力部分は手抜き無でいかねばと痛感しました。

排気ダクト部分は僕も物色してます。
少し重いですが、100均にあるソースやマヨネーズを入れる入れ物も弾力があり適度なテーパになっているので使えないか?と思ってます。

早くこの機体が飛ぶところを見たいですね。
きっと、かっ飛び機になるんじゃ・・・
Posted by haru-san at 2006年01月07日 08:48
F-111の計画で失敗して気が付いたのですが
ダクテッドファンの機体を作る時は
機体の中にファンを押し込むのではなく ファンの前後をキチンと設計したものに
翼を付けるべきだったんですね。
この機体の図面を見てその辺が良く解りました。
因みに この機体は板翼でなく
スピードの出そうな断面を持つ翼がついているので
チョッと怖いです。
Posted by MOMO at 2006年01月07日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。