2006年01月08日

F-35 水平尾翼の取付

胴体は3mmのスチレンペーパー1枚を折り曲げただけのシンプルなものです。

水平尾翼を取付ける為に 先ず胴枠4を接着します。

尾翼を取付ける部分に溝を切ります。

水平尾翼は左右の動翼と中央の固定翼から成ります。

F-18E F-15も初めはエレポンでしたが

後に通常のエルロン エレベーターに改めました。

その方が操縦性が良かったからです

しかしシンプルな構造のエレポンは捨てがたいものがあり 

後ろからみた時はヤッパシ エレポンの方が カッコいいので

今回はエレポンでいきます。

固定翼に動翼を差し込み組立てたものを 胴体後部の溝に差し込みます。

縦横からみて捩れてないか確認します。

問題なければ 固定翼を接着します。

隙間を切れ端で埋め動かない様に固めてから

排気ダクトの当たる中央部を切り取ります

リンケージは軸端にホーンを取り付け ロッドでサーボと繋ぐようにします。

posted by MOMO at 23:10| 福岡 ☀| Comment(0) | F-35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。