2009年03月01日

F-14 主翼開閉装置の検討(6)


加工の残っていたクレビスの製作に掛かりました。
チャックを4爪に換え 前回CNCで切り出したものをくわえます。
断面が長方形なのでセンターを確認しておきます。
チョッとほったらかすと機械は直ぐにアッチコチ錆びてしまいます。
キチンと手入れするか錆びる暇もないくらい仕事をしなくてはいけません。



端面を削ってから端を若干円筒に仕上げ タップを立てる為の穴を開けます。




フライスで溝を切ります。



タップを立てます。
ハンドタップの小さなハンドルではフラフラして作業し辛いのですが
このスタンドがあれば楽にタップを立てられます。




出来上がったクレビスをシリンダロッドにねじ込み ピボットフレームに組み込みます。



何とか形にはなりました。
然しこのクレビスは使えません。
アチコチ寸法が出ていません。
今回初めて旋盤とフライスを使って図面寸法に従って加工してみたのですが
作業の手順とか段取りが全く解りませんでした。
CADのシミュレーションではいくらぶつかろうが重なろうが何処も壊れませんが
現実の世界ではたとえホビーマシンでも
なめて掛かるととんでもない事になるので注意が必要です。
とにかく色々やって覚えていくしかありません。
昨日まで出来なかったものが今日は此処までいけたのだから
来年か再来年か或いは・・・・・・のうちには何とかなるかも知れません。



posted by MOMO at 21:24| 福岡 ☁| Comment(0) | F-14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。