2009年03月03日

ミニチュア鉄工所 アングルテーブル 


機械科に入った最初の実習は縦型ボール盤でした。
適当に穴でも開けるのかなと思ったのですが
負荷に対するコラムの歪みについて考察しなさいなんて言われたような気がします。
レポートには”いきなりそんなこと言われてもしるかい!”と書きました(USO)。
汎用のゴッツイボール盤でさえ歪むのですから
ホビー用の華奢なフライスのコラムに剛性を求めても意味のないことだと思います。
其れなりの使い方をすれば(価格に対して)こんなに役に立つものはないと思います。
大きなオーバーハングは取れないから加工の有効範囲の前後方向が少ないのは
構造上しょうがないと思うのですが
有効範囲とテーブルの幅がほぼ同じなのはチョッと辛いです。
又コラムが傾斜出来るのは非常時に助かると思うのですが
基本はヤッパシ真直ぐでしょうか。
一度調整したものはあまり動かしたくありません。




ソンナこんなで前から気になっていたアングルテーブルを購入しました。
幅は30mm程度広くなります。
僅かですが気分的に安定感があります。
購入先は此方です。

http://www.senban.jp/

手配が早いのはありがたい事です。



又ヘッドがテーブルからチョッと遠いので テーブルに直に薄い材料を固定すると
コレットホルダーを使わないと刃物がとどきません。
嵩上げする下駄の代わりにもなって丁度良さそうです。


posted by MOMO at 23:48| 福岡 ☁| Comment(2) | ミニチュア鉄工所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、色々工作機械おもちですねェ。
http://www.senban.jp/こちらの方は参考にさせていただきます。
うちに旋盤はありますが、小物の2次加工で卓上旋盤があればとおもってましたもので、、、、。
あれ普通の工具屋で買うと結構高かったりします。

ボール盤の歪はよくわかります、
以前ラジアルボール盤使ってた時SSのテーブルを付けてたんです。
台の上で加工すればアームが歪んでもワーク側は問題ないのですが。
手前のテーブルの端で穴開けると(小径ならともかく)曲がりました。
あれはテーブルの下からジャッキUPしないとだめですね。

コブラの方は加工方法模索中です。
仕事に使う予定なので便利なら方法は問いませんから、
そのうち報告できると思います。
Posted by プロペラ at 2009年03月05日 01:10
こんにちは プロぺラさん

>色々工作機械おもちですねェ

その代償は大きいですよ。
今 車の積算計198000km強です。
特に今年の3月は100年に一度の買い替えチャンスだと思うのですが 断念しました。
今のところ240000kmまで 予算を機械の方につぎ込んでいます。アハハのハ!

今現在コブラが日本にどの位生息しているのかは知りませんが 中々出会うことはないですね。
厚かましいとは思いつつ 何か好い情報がありましたときは宜しくお願い致します。
Posted by momo at 2009年03月05日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。