2006年01月12日

F-35 ダクテッドファン 取付(2)

水平尾翼の固定翼部分と胴体後部の隙間を端材で埋めた後

排気ノズルと干渉する部分を切断します。

胴枠・ダクト 一体となっている物を胴体外皮に接着します。

排気ノズルが曲がってないかを 胴枠との隙間が等間隔になっているかで確認します。

ダクトの前後位置は主翼のカンザシを胴枠内のパイプに差し込んで決めます。

後は接着剤の乾燥待ちです。

posted by MOMO at 23:01| 福岡 ☁| Comment(0) | F-35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。