2006年02月04日

実験機 ダンボールジェット

Mickey Airplane Worksからのレポートです。

プラスチック製ダンボールのサーブドラケンにダクテッドファンを乗せた試作品です。

半透明のダンボールとカーボンの質感がチョッとクールでオシャレ!?

EDF55と3Sリポの組み合わせです。

重心を合わせるとバッテリーの位置は機首最前部になります。

以前この様な構造で5mmのスチレンペーパーでプッシャー式のF−16を作った時

同じ様にバッテリーを最前部に積んだところ 前後に重量物がある為

支えきれず墜落時 簡単に壊れたことがあります。

その点この材料はバッテリーを支えるのに充分な強度があります。

安全の為

先端部はEPPによるクッションをつけます。

素材がダンボール状なので

動翼は裏面をカットし チョッとひねるだけで簡単に出来ます。

この状態で300g程です。

機体だけなら35gなので あと1〜2割 大きくした方が良かったかも知れません。

 

 

《追》

先程テスト飛行しました。

初飛行のさわり(1MB wmv)

 

 



posted by MOMO at 00:01| 福岡 ☁| Comment(3) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うおぉーーー!
カッ飛んでいますね、サイコ〜です!!
その後も見たいのですが・・・(^^;)
Posted by pokey at 2006年02月04日 02:40
おお!キーンといい音してますね〜!
お手軽でもいい飛びしてます!
Posted by kit at 2006年02月04日 07:19
4〜5回飛ばしたのですが レンズキャップを付けたままでした。
ファインダーを見ずに撮影する為わからなかったのです。
それに気が付いた後の最後の飛行がこのビデオです。メモリーが一杯で後半も切れてしまいました。
残念なので 改めて撮り直します。
只この機体は半透明なうえ速い為 姿勢が判りません。
シールを貼るか 塗装します。
音は中々良いでしょう!!
Posted by momo at 2006年02月04日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。