2006年02月05日

F-35 尾翼の取付

この機体は F−14やF/A-18 MIG-23より一回り小さく

尾翼は左右別々で回転軸も斜めになっています。

さらに本当は上反角まで付いています。

他の機体のようなプレーンベアリング風の軸受はチョッと無理があります。

それで手持のカーボンパイプを色々組み合わせて一番ガタのない物を軸受にしました。

軸受用のパイプは既に胴体後部に埋め込んであるので

寸法を合わせてリンケージ部品を作っておきます。

サーボはダクテッドファンを支持している胴枠に挟み込みます。

サーボホーンとエレポンのホーンの位置を確認してドリルで穴を空けます。

後はチョンチョンと組み立てればおしまいです。

回転軸が排気ノズルの直ぐ後ろに有るので

これを利用して小さな翼を着けると排気の方向制御が出来そうです。

低速時の舵の効きが悪い時 補えるかも知れません。

posted by MOMO at 21:58| 福岡 ☁| Comment(3) | F-35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうすぐですね!完成まで。このひと時がワクワクして気持ちよく私は好きです!(変なやつでしょ?)がんばってくださいね!!
Posted by kit at 2006年02月06日 19:06
もうすぐです!頑張りますよ。
最後の詰めで 改めてKitさんの3号機の記事 読み直して参考にさせて貰っています。
Posted by momo at 2006年02月06日 20:59
>最後の詰めで 改めてKitさんの3号機の記事 読み直して参考にさせて貰っています。
えっ!そうなんですか!うわ〜はずかしい〜あんなのが参考になりますかぁ?(^_^;
でも、嬉しいです。少しでもお役に立てれば...
Posted by kit at 2006年02月07日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。