2010年01月29日

ミニチュア鉄工所 クランプユニット 


ホビー用のCNCというものを知った時 これさえあれば何でも出来ると
後先考えずに飛びついたのですが チョッと失敗しました。
いったいCNCで加工するのに必要な寸法の材料をどうやって都合するネン??
ジュラコンとかを必要な大きさのブロックに仕上げてもらったものを
その都度仕入れていたら恐ろしいくらい金が掛ります。
其れでフライスも購入したのですが それでもアキマセン。
刃物やらバイスやら 他にも沢山の動工具が要ります。
因みにおまけに付いてきたクイックバイスは微妙に寸法が出てなくて
六面体の平行が出ません。
オークションで入手した小さな精密バイスでは
平行 直角の出た六面体は作れるのですが 小さなものしか作れません。
其れで何か適当なものがないかオークションで探していたところ 
こんなものがありました。
ナベヤのクイッククランプタップ穴用のクランプとストッパーのセットです。
オークションで何周か回って
スタート価格が可也下がったにも関わらず落ちません。
其れで私が望んでいる用途に使えるかどうかは解りませんでしたが
落札してみました。
3セットプラスでしたが 
まともに購入すれば X-2が買えるほどの値段です。




其れで結果ですが
X-2とかX-1 プロクソンにも合わないので使いものになりません。。
其れで 12mmと8mmの専用Tナットを作りました。
然しヤッパシ駄目でした。
地下鉄はいったい何処から入れるんねん?という奴です。
長い専用TナットはTスロットに入りませんでした。
仕方がないので
横軸自動送り装置を外して テーブルの側面から入れることにしました。
この横軸自動送り装置については
内部構造がどうなっているのか気になっていたので
その点検も兼ねています。
分解は4本の皿ネジを外してケースを引き抜き
ベースプレートを固定しているボルト2本を外せば終わりです。
出力軸に付いているパイプ状のものが
送りねじにユルユルの勘合で被さっています。




クランプとストッパー用Tナットを先に入れておきます。



後は元どうりに組み立てればよいのですが
位置決め用のガイドと成るようなものは何処にもありません。




其れで 送りネジがなるべくブレない様テーブルを右側に寄せてから
ベースプレートを仮組みしました。
モーターが軽く回っていると思える位置でシッカリネジを締めます
(〇国製はチョッと怖い)。




横軸自動送り装置の動作を確認した後 端材を乗せてみました。
此れで何とか使えそうです。
側面をクランプする為 段差以上の厚みの場合 上面全面を削れます。

そこんとこが大事なところです。



製作した12mmと8mmTナットです。
12mm用はともかく 8mm用には8mm幅にM8のタップをたててます。
チョッと強引でした。



然しRC用パーツの自作というのは 物凄くお金の掛ることかも・・・・・

posted by MOMO at 23:07| 福岡 ☔| ミニチュア鉄工所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。