2006年07月16日

DWF ジェット飛行艇

F-111等の設計に使っている3D-CADの拡張機能としてファイル出力が強化されました。

この新しい機能と無償のビューワーを使えば

CADが無くても 大きなAssemblファイルの中身を見ることがより簡単に出来るようになりました。

分解・組立のアニメーションや任意の断面を表示したり内部を透かして見ることも出来ます。

今はMickey Airplane Worksと分業で機体の製作を行っていますが

細かいパーツの取付位置等が分らないという問題が起きています。

しかしこのビューワーがあれば部品名の形状と取付位置の関係が大変よく分ります。

将来まともに飛ぶ機体が設計出来たら

テンプレート(2D)と組立詳細(3D)をこのビューワーを用いて公開出来るようにしたいなーと考えています。

DWF-ViewerがインストールしてあるPCで上の画像をクリックしてみてください。

ビューワーが起動します。

かなり高機能で操作の感じは3D−CADに良く似ています。

posted by MOMO at 16:23| 福岡 ☔| Comment(0) | DWF-DATA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。