2006年10月27日

実験機 引込脚1の検討

小型の電動ダクテッドファン機も自力で滑走離陸出来る時代になりました。

何時までも手投げ 胴体着陸しているわけには行かないので引込脚を検討してみる事にしました。

とは言っても 引込脚は経験がない為 先ずは先人のアイデアを盗む事から始めます。

最初は此れを参考にさせてもらいました。

写真をCADに取り込み 大まかに形を写し取ります。

部品はこんなものです。動作の検証が目的なので寸法等は適当です。

只形状については ボール盤とヤスリと根性で製作可能かの検討はしています。

組み立てるとこんな感じになりました。

写真を見ただけではイマイチピンと来なかったのですが 動かして見るとロックされる機構が解りました。

簡単な胴体を作ってみました。

組み込むとこんな感じになります。

解ってしまえば”なんだこんな事かー”といえる位シンプルで良く出来た機構だと思います。

このボールリンクのひねりを効かせた機構は使えそうです。

内側にたたむ構造ですが スピットファイヤーやメッサーシュミット ファントレーナー等

外側に収納するタイプにも使えるかもしれません。

posted by MOMO at 00:08| 福岡 ☁| Comment(4) | 実験機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MOMOさんこんにちは。
引き込み脚の機構も3Dと動画で解説されますと、わかりやすくて助かりますよ。

MOMOさんに相談ですが、この機構を他のメンバーにも伝えたいので、BBSの書き込みに、記事のアドレスを貼り付けても良いでしょうか。

有志により図面作成、レーザーカットされました、配布用50EDFのファントレーナーは、モンゴルさんのHPに製作記事が掲載されています

この機体図面を130〜150%に拡大して、製作する予定で数名のメンバーが検討中です。

拡大したファントレーナーにEDF64程度を搭載する構想の中で、引き込み脚も検討課題に入っているのですが、既製品でなかなか良い物が見あたらなくて、プロジェクト??メンバーも悩んでいます(笑)。

ご検討よろしくお願いします。
Posted by すぎ at 2006年10月27日 12:46
こんにちは すぎさん
ファントレ-プロジェクトずっと拝見させて頂いています。
大変楽しそうですね!!!
アドレスの貼付は構いませんが こんなのでお役に立ちますか?
この機構を考えた人は偉いです。
他にも素晴らしいアイデアがRC Groups等に沢山あるので
先ずそのKnow-Howを吸収しながら自分なりのものを作ってみようと思っています。
今製作中のF-111の引込脚何とかなりませんかねー!?
Posted by momo at 2006年10月27日 23:59
MoMoさんとても参考となります。
従来と違う機構を採用したいのですが、アイデアに乏しくて今一歩の所でしょうか(笑)
よろしければ、参考にUPさせて頂きます。

最近EDFの自力滑走が当たり前になってきまして、次は引き込み脚も視野に入れましょう。てな事でWATTAGEの脚を付けたりしていますが、いまいち強度的に無理があったり、インテークの関係で収納場所に無理があったりで、悩みが多いですね。

F111も写真で見る限り、胴体下面ギリギリの所にメインギアーが出ていますよね。
MoMoさんの様に研究していませんが、双発故、機体中央に空間ができますから、その場所を有効に使えそうですね。
でも既製品の引き込み脚では、無理な感じがします。
結局・・・回答になっていませんね、すんまそん(笑)
Posted by すぎ at 2006年10月28日 11:45
スケール機の引込脚というのは難しいですね。
横に置いてある作りかけを眺めながら考えています。
しかしファントレーナーの引込脚は一見簡単そうで実は結構難しそうですね。
メカの収納部分も狭そうだし・・・・。
私のファントレーナーは固定脚で以前計画していたのですが 引込脚も面白そうですね。
遣り甲斐のあるテーマだと思います。
Posted by momo at 2006年10月29日 16:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。