2006年11月20日

実験機 引込脚3の検討

DC-9の主脚です。

参考にさせてもらったのは此処です。

この機体の作り込みは半端ではありません。

しかし引込脚の仕組みそのものは 前回のものよりシンプルに見えます。

実機の構造そのものを模しているのでしょうか?

脚カバーは一度開いて又閉じるようになっています。

F-111 2号機は何とか引込脚にしたいのですが この機体も一度開いて又閉じるようになっています。

その辺をよく覗いてみます。

しかし凄いです。

これからじっくり研究してその動きを再現する努力をしてみます。

然し こうして引込脚の製作方法について検討していくうちに ボール盤と根性だけでは

計画其のものに制約が出来てしまいます。

此処はヤッパリ工作機械の導入を考えざるを得ません。

処で私は旋盤もフライス盤も使った事はありません。

只それらがあればどんなものが製作可能かはある程度は解ります。

然し折角3D-CADで計画したものを2D図面に落とし

手作業で加工するのもチョッとイマイチな気がします。

其れで3Dの加工機を考えてみたのですが

光造型機とか3Dプリンターとかの類のものはかなり無理が有ります。

切削型RPという事になれば少しは敷居が低くなりそうです。

Rol○ndというメーカーにMO○ELA(M○X-20/15)というのがあります。

以前から気になっていたのですが 微妙に用途が違うようでイマイチ意欲が湧きませんでした。

それでネットで色々探してみたところいいのがありました。

卓上サイズのCNCフライスです。

オリジナルマインドという会社の製品で組立KITとなっています。

この様なものはロボット屋さんの間では常識みたいです。

こんなものを日常的に使っている人達がいるのですね。

チョッとしたカルチャーショックでした。

それで色々調べてみたのですが絶望的なほど難しいものでは無さそうなので

此処は一つ頑張ってみる事にしました。

どうせゼロから始めるのだから

この際旋盤もフライス盤もCNCフライスも一緒のような気がします。

3D-CADの導入の時に清水の舞台から何度も飛び降りて骨折しているので

今度はV-MAXでKATANAとコーナーリング張り合ってこけた位の気合いでカートのボタンを

ブちっと押してしまったーァ!!!

 

posted by MOMO at 21:51| 福岡 ☁| Comment(6) | 実験機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
( ̄口 ̄)押しちゃったんですか!
すごい…私には…f^_^;
でも、欲しいです…これがあったら何でもできる!
いいなぁ〜(*´Д`)=з
Posted by kit at 2006年11月20日 23:11
押しちゃいました!
買わずに悩むより 買ってからどうやって動かすか悩んだ方が良い様な気がしたもんですから。
Posted by momo at 2006年11月20日 23:46
さすがmomoさん!
思いっきりが良いですね(^^)
これがあれば、あんなものやこんなものが・・・
いいな〜
Posted by TOKU at 2006年11月21日 09:20
そうなんですよ。
無ければ何にも出来ないけど あればあんなものやこんなもの考える事が出来るのです。
”図面送ってください。削ります”なんて事出来れば良いですね。
みんなで知恵を出し合えば何か面白いものが出来るかもしれません。
Posted by momo at 2006年11月21日 09:56
飽きたら送料着払いで私に送りつけてください(爆
Posted by pokey at 2006年11月21日 21:06
ハーイ 了解しました。
現在キャンセル待ちということになっておりますので その点ご了承くださいマセマセ。
Posted by momo at 2006年11月21日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。