2007年03月23日

実験機 引込脚4の検討

55mm程度のEDFを使用する機体に市販の引込脚を着けるとすれば

選択肢は殆んどありません。

その中で好く使われているGWSの引込脚の構造を知りたくてMickey Airplane Worksの

工房に転がっていたものを借りてきてチェックしてみました。

外側から大体の寸法を測って絵を描いて見ました。

パーツ名が分りませんが脚を上げ下げするロッドが脚の根元の部分の形状と上手くかみ合って

上げ下げ各位置でロック出来るようになっています。

中々合理的でよく出来ていると思います。

サーボに負担が掛からないところが良いです。

只チョッと華奢な気がします。

もうチョッと重くて良いからアルミで出来ていればと思います。

RCGroupsにその引込脚を上手く改造して取り付けている機体がありました。

写真を元に構造を調べてみました。

こんな感じのブロックを左右対称に組んでいるみたいです。

其れらしい胴体を付けてみました。

このやり方だと例え華奢なGWSの其れでも直接に加重が掛からない為 安心して使えそうです。

只実際に製作する場合脚柱と引込脚ユニットとのセンター合わせが難しそうです。

模型飛行機の引込脚としては中々見栄えのするものじゃないでしょうか。

作ってみたい気がしますが 機体の方に選択肢が無さそうです。

posted by MOMO at 13:28| 福岡 | Comment(0) | 実験機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。