2014年04月06日

落書き 水上飛行機の引込脚(9)

先週 プリント用データをUPしたわけですが

あれから出張に行ってました。

3日に帰ってきたら モノが届いてました。

何時ものように一週間です。

データを重ねて送ったら モノは其のまま重なって戻ってきました。

使いものになりません・・・・・

   

ウソです。DDMは一つずつ丁寧にプチプチで包んで送ってきてくれました。

胴体中央部です。

絞ってる部分の胴枠は前後の寸法差もキチンと再現されてます。

水平尾翼は此れにスチレンペーパーを巻きつければおしまいです。

細い部分でも 200mm以上ある長い穴が簡単に作れるのは好いですね!

左右をビスで繋げば組立はおしまいです。

後はカーボンパイプで繋げば フレームは完成で

此れにスチレンペーパーを巻きつければ 胴体は出来上がるわけです。

今回 プリント代が半額と言う事で

チョッとやり過ぎかなーと思う位 プリントしてみました。

胴体床板なんかパイプ2本にカンザシ受け程度で充分だったのですが

3Dプリントでどの程度の物が出来るか知りたかったので此処までやってみました。

ホビー用の3Dプリンターではプリント出来ない大きさのものでも

捩れなく綺麗に出来てました。

只 3Dプリントは現時点での寸法上の制約の為 薄く出来ない処もあります。

水平尾翼も使えないことはないですが チョッと重たいです。

飛べない事はないと思うので 製作は進めていきますが

引込脚付フロートをぶら下げるのはチョと辛いかも知れません

そのときは普通に固定脚をつけます。

      

然し3Dプリンターで飛行機を作ると非常に楽して製作出来るので

図面の無駄な部分をシッカリ整理して軽量化に勤め

その分プリントパーツを増やしたいです。

posted by MOMO at 16:17| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393941524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。