2007年04月30日

日記 コレクションではありません!(5)

’80年代後半に三和電子機器(株)からバリビゲンと言う機体が売られていました。

先尾翼機其のものが少ない為作りたかった機体なのですが当時は手が出ませんでした。

その機体を出張先の姫路の模型屋さんで見つけたときは嬉しくて即GETしました。

その機体に指定してあるエンジンがこの4サイクルの20でした。

然し当時直ぐに重量も価格も殆んど変らない26が発売されたので

この20は消える運命だったのでしょうね。

私も当時であれば26の方を買っていたと思います。

バリビゲンを手に入れたとき 既に機体もエンジンも作られてなかった時の事だったので

世界最小の・・・・の等というキャッチフレーズに弱い私はこの20を探しましたのですが

或る模型屋さんにまとまった数の不良在庫があるのを知って分けてもらいました。

20年も前にこんな小さく精巧なエンジンが作られていたなんて驚きです。

機体の方は私の顔を見ると”バリビゲン!?”と言うお池の主N氏が持っていきました。

なんと水上機に変身するらしいのですがエンジンの方は残っています。

 

 

このエンジンも流通していた時に買ったものではありません。

その頃は未だ生まれていませんでした(USO).。

チョッと訳ありで入手したものですが此れも勿論コレクションではありません。

このエンジンも飛ばしてみたかったのです。

ヘッドを外してみると解るのですが2サイクルエンジンの機構説明図其のものの形をしています。

私が初めて回したエンジンはOSのFPやcoxだったので既にピストンの頂部は平らでした。

それでこのエンジンがどんな回り方をするのか非常に興味があったからです。

其れともうひとつ興味があったのはこの怪しげな排気システムです。

どうもオプションで発売されていたみたいです(?)。

スロットルに連動して排気口にあるバルブが開閉するようになっています。

更にサイレンサーの後ろにもバルブが着いています。

リンケージロッドが他に何本かついているので組み付けてみようと思っているのですが

長さが微妙で何処につければいいのか解りません。

武蔵野の機体であれば少々エンジンがトラブッても何とかなるので

適当な機体に乗せようと思いながら此れも時間ばかり経ってしまいました。

 

posted by MOMO at 15:31| 福岡 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはTAKAです。
先程お送りしたメールで4stの26の話をしたところですが、そのバリビゲンを私もまだ未組立で持っています。26を購入したとき
ラジコン仲間が丁度いいのがあるとと言ってくれたものです。なんか話がシンクロしたようでうれしくなりました。これもいずれは飛ばそうと思っています。
Posted by TAKA at 2007年05月01日 10:56
こんにちは TAKAさん
趣味が合いますねー!
私のはお嫁に行きましたが 図面は見れる状態なのでコピーしてスチレンペーパーで作る予定です。
水車みたいな5枚ペラをグルグル回してみようかと考えています。
Posted by momo at 2007年05月01日 23:49
はじめまして 

以前より北尾さんのHPのリンクで存じておりましたが、先日、偶然 pdog19591さんのYouTubeを見て、原型の飛行艇の記事がきっかけになり、拝見させて頂いています。
FS-20は私も持っていますよ。当時、FS-40で飛ばしていましたが、FS-20が出て、すぐ購入しました。
もう一つのエンジンは MAX-19ではないでしょうか? その時代の MAX-15も持っています。
当時は殆どノーマフラーで使用していましたね。
排気口についているバルブはエキゾーストバルブと呼んでいましたが、スロー時にプラグが冷えてエンストし難いようにするのが目的でした。
ジェットストリームサイレンサー(画像のサイレンサー)のバルブも同じ目的で、スロットルに連動させていました。
Posted by tyger102 at 2015年07月15日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。