2007年05月12日

ParkJet F-111 胴体の組立(3) 

ファンを回して回転方向や干渉等を確認してから後部胴体のカバーを貼り付けます。

一部胴枠の形状を変更しましたが テンプレートで切り出していた材料は其のまま使いました。

バッテリーは当初キャノピー部を外して入れるつもりでしたが

イマイチ整備がやり難そうなので 実機のウエポンベイ付近にメンテナンスハッチを開けました。

インテークを取り付けるためストレーキの下半分を接着します。

此の辺はこれまで何回もしつこく仮組しているので作業其のものは接着して行くだけです。



posted by MOMO at 21:05| 福岡 ☔| Comment(2) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、さすがです!m(_ _)m
私も簡単CADで作った図面を元に切り出しマルヨンを作成しましたがここまできれいに出来ませんでしたf^_^;
大ざっぱな図面ではダメですね。次回は頑張りますよ!o(^-^)o
Posted by kit at 2007年05月13日 12:03
ありがとうございます!!! あの○4を設計したkitさんからお褒めの言葉を頂けるなんて栄光です。
いえ光栄です。
図面を画いてから作るというのは一見面倒なような気がしますが
其れがあると修理するにしろ作り直すにしろ新作にするにしろ後が随分楽になりますね。
お互い刺激しあって良い方向にいければと思います。
Posted by momo at 2007年05月13日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。