2007年10月08日

F-14 主翼開閉装置の検討






TORNADO-F2の基本計画を進めていますが
その機体は主翼の開閉装置や引込脚の動作に
アクチュエーターを使う事を検討しています。
しかし経験や実績が無い為 製作中のF-14を改造して
アクチュエーターを取付けテストをしてみる事にしました。
改造といってもF-14は機体の幅が広くて余裕がある為比較的簡単に出来そうです。
只図面がPDFのテンプレートでしか公開されていない為
取付位置とアクチュエーターのストロークを決めなければならないので
テンプレートより寸法を確認して図面を描いて見ます。
又エアータンクやバルブ等小物が色々必要となる為
情報収集も兼ねて robartのAir Control Kitsを試用してみる事にしました。
只このKitsに含まれているバルブは5ポートなので
複動式のアクチュエーターもテストしてみようと思っています。
このクラスの機体に態々アクチュエーターを使う意味が在るのかと言われそうですが
より実機の動作のイメージに近くなるし
動力源を別に置く事でアンプやバッテリーに優しくなるのではないでしょうか。
長ーーーーーーーーーーーい目でみれば地球に優しいシステムかも何チャッて!?
posted by MOMO at 11:59| 福岡 ☔| Comment(9) | F-14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MOMOさん、ご無沙汰しています。エアーアクチェーターとてもメカニカルでそそられちゃいますが、エアーシリンダーは私も仕事でたまに使いますけど、ゆっくり動かすのは大変難しいと感じてます。左右両翼に個々でSETした場合、アクチェーターの個体差やエアー配管の状態、更には可変翼軸部分のメカロス等で、うまくシンクロ出来るか不安です。風圧を受けた翼も動作加重にアンバランスを与えるように思います。エアー圧を上げて引きこみ脚の様にパンッ、パンッと動作させるのなら良いかもしれませんが♪私のF14でも可変スピードが早い!と言われています。うまくシンクロさせれれば良いと思うのですが!
Posted by ながお at 2007年10月08日 22:20
こんにちは! ながおさん
相変らず飽きもせず可変翼に拘っています。
今回は貴重なアドバイス有難うございます。
全くご指摘の通りだと思います。
只ミーハーなので見かけには拘っても技術的なことには無知であるが故の拘りの無さで
細かい事は考えないようにしています。
失敗したときは受け狙いと思って笑ってやってください。
私もサッサと何事もなかったかのように次の方法をかんがえますので・・・・
Posted by momo at 2007年10月09日 00:46
MOMOさん今晩は!
本当は釈迦に説法なのは判っていますが、何しろエアーシリンダーには痛い目に合わされた経験があり、ご連絡せずにはいられませんでした。
試作品をお釈迦にし始末書を書きましたが、やはり後で悔やまれて成りませんでした。
何で気が付かなかったのかと。サラリーマンなので「始末書なんか何枚でもかいたるがや♪」おならプ〜♪ですが、技術的な所でのミスは辛いです。
特にサンデーフライヤーであまりお金を使えない私にとって、ミスはとても辛いものが有ります。
だから人よりも作るのが遅い!!(やっと言い訳が出来ました♪)
Posted by ながお at 2007年10月09日 21:35
会議の席でお前は何か言うと直ぐにあれは駄目 此れは駄目 其れも駄目と
反対ばかり言って前に進まないじゃないかとよく言われます。
しかしソーじゃないのです。
問題があるから駄目だと反対している訳ではないのです。
あれと此れと其れの問題を解決すれば前に進めますと私は言っているのです。
何かやりたい事がある時 発生した問題は蹴っ飛ばします。
ながおさん 改めて本当に適切なアドバイス感謝しています。
今の時代技術的な事で本音で話をしてくれる人なんていません。
近くだったら色々お話が出来たでしょうね 残念です。
遠くで アホが馬鹿な事をやってるなーと広い心で見守ってやってくださいマセマセ!!
Posted by momo at 2007年10月09日 22:59
momo-さん、お初のカキコです。
toku-さんのクラブで一緒のIズミといいます。
私もエアーシリンダで苦労したことがあるので、その経験がアドバイスになればと思い、カキコします。
確かに2本のシリンダをゆっくりシンクロさせて動かすのは難しいですね。スピードコントローラをインとアウトの計4個つけて地道に調整するしかないです。もちろんメータアウトで。
うちの機械はシーケンサの出力されたシリンダスピードを見ながら場所にもよりますが、だいたい±0.1秒であわせこみます。全くのシンクロは難しいので、見た目で動作があってれば大丈夫だと思います。
結構人の目って正確ですよ。
がんばってください。
Posted by Iズミ at 2007年10月10日 08:10
こんにちは Iズミさん
初カキコ有難うございます&アドバイス大変感謝しております!!!
お名前だけは良く存じております。
近くですのでご一緒したいですね!!
処でエアーシリンダの件ですが これは条件次第かなーと思っています。
詰りGP機で言うと06クラスの小さな機体なので比較的狭い空域でチョコチョコ飛ぶわけですから
開閉の一動作に例えば2秒掛かるとすれば 時速72Kmでも20m移動するので
下手するとタイミングを失ってしまいます。
此れを一動作0.3秒でも良しとすればシンクロするか如何かは考えなくてもよくなると思えます。
要するに物事を自分に都合よく勝手に解釈すれば
幾つかの問題は無視出来るかなーと甘く考えているのですが如何なものでしょーか!?
Posted by momo at 2007年10月10日 23:12
なるほど・・0.3秒ですか。
これだと、スピコンにて調整する必要ないですね。(っていうか、タンク直でないと出ないスピードですね)
たぶん差動も殆ど感じられないはずです。
(すみません、勝手に1秒くらいで開閉するのかと思っていました・・・)

話題が変わりますが、私こそ是非お会いしたいとおもっていました。前回か、前々回あたりのノンビリでお会いできるかと思って楽しみにしていましたが、中々都合が合わないみたいで・・・
北九州は生まれ故郷(実家は行橋ですが・・・)なので、ちょくちょく帰りますから、そのうちお会いできると思っています。。。
Posted by Iズミ at 2007年10月11日 08:25
MOMOさん、今晩は。Iズミさんはじめまして♪
0.3秒なら全然影響なさそうですね〜。
私のは計測したことありませんが、皆からは「はやっ!」と言われ、今はプロポ設定で閉じ側のみ遅くしてみました。(開きは非常時を考え早いままです。)
<春に行われましたG,GEJETラリー(電動機の集い中部地区)でPOKEYさん、ハナさんに動画を撮って頂きましたのでご参照方>
後、翼は飛行中閉じ側に力が加わるので、シリンダーは複動にされるか、開き側にエアー圧が掛かる様にレイアウトすると良いのでしょうか?
何しろ今後の進展が、大変楽しみです〜♪
Iズミさん、今月G,GEJETラリーIn九州開催だそうで、私は参加出来ませんが、中部代表の垣内さん、POKEYさんに頑張って頂き、レポートを楽しみにさせて頂きたいと思います。(MOMOさんは?)
Posted by ながお at 2007年10月11日 21:24
Iズミさん こんにちは! ながおさん こんにちは!
改めて3D-CADやってて良かったなーと思います。
と言うのはIズミさんにもながおさんにもほぼ正確に私の考えが伝わっていたからです。
的確なアドバイスを頂けたのも そのおかげかなーと感じています。
いずれにしても此れを使い出してから飛行機の作り方が変わりました。
動作スピードについては私も一秒位に出来ればいいかなーと思っています。
robartのAir Control Kitsは昨日届きました。
smcのシリンダは単動 複動色々此れから手配します。
材料が揃ったらレポートしますので当てにせず期待してくださいマセ!
Posted by momo at 2007年10月11日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。