2005年09月02日

Mig-23 胴体の組立

仮組していた後部胴体と機首部をつなぎます。

当然ですが通芯をしっかり出します。

中心線はボールペンで書いてますが 芯出後消しています。

ドーサルフィンは飛行状態の位置です。

着陸時は 殆んど収納されてしまいます。

しかしこのメカが機能する前に 頭から着陸(墜落)しそうです。

posted by MOMO at 00:03| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モノ作りの魅力
Excerpt: 日本の祭りに切っても切れない大道具に御神輿(おみこし)がある。 御神輿は日本文化を象徴するカタチだと思う。 この御神輿の模型はFさんが作った作品である。 驚くなかれ、この模型はすべて紙紐を使って作った..
Weblog: MOONの似顔絵エッセイ
Tracked: 2005-09-02 19:45

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。