2005年09月07日

Mig-23 尾翼の仮組(2)

エレポンの軸受を作ります。

ブラインドナットリベットと言う建材で4mmのものです。

2mmのベニヤに穴を空け 差し込んで締結します。

その後 4mmのキリで 内側のネジをさらってしまいます。

両側面に取り付けた位置決め用のベニヤに

カーボンパイプを差し込み それを基準にして 軸受を接着します。

両側面の内側は曲がっている為 テーパー状のものを挟んで取り付けます。

この後 パイプを半分に切って其々に内側から抜け止めをつけます。

軸受が固定できたら パイプを抜いて

ベニヤの穴径をチョッと広げます。

これでパイプはスムーズに回転します。

位置決め用のベニヤは最終的には

尾翼が胴側面に接触しない様にする為のスペーサーとなります。

 

posted by MOMO at 00:07| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6641062
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。