2005年09月09日

Mig-23 主翼の取付

ピボットフレームにサーボマウントを取り付けます。

この時使用するサーボに合わせて

スペーサーを噛ませ 翼とサーボホーンの高さが揃う様にします。

ここは非常に力が掛かるところなので

メタルギヤで高トルク 超重量級(28g)の

GWS Micro2BBMGを 使用してみます。

サーボを取り付けたピボットフレームを

胴体の切り込みのある位置に取り付けます。

このままでは フレームと胴体との接続が弱そうなので

チョッと補強を入れたほうが良さそうです。

翼を取り付けて 干渉が無いか 捩れたりしてないか確認します。

posted by MOMO at 00:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6717334
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。