2007年12月23日

F-14 主翼開閉装置の検討(4)




アッチコッチに手を出して首が回らない状態で忘れていたF−14のエアーシリンダーや
バルブにタンク等が届いたのでチョッと繋いでみました。
エアーシリンダーは単動と複動を用意してみました。




チョッと動かしてみたのですが可変翼機らしさという点では微妙なところです。
然し駄目というほどでもなさそうなので此れは此れで進めていきます。
見た目でこういうのは好きです。




処でこの上と下 よく形が似ています。
しかも適当な圧を掛けるといい具合に反発するのです。




ということで早速SEAHAWKの脚の計画図を描いてみました。
此れを使えばサスペンションとしての機能は勿論
脚を縮めて収納するという裏技も使えそうです。
何しろ実機ではそのような動きをする機体は結構多いようです。
上手くいけばみっともない短足状態での離陸滑走が避けられそうです。
例えばF−4ファントムのように・・・・・
然しこんな事をすると又常識のある機械屋さんからツッコミを入れられそうです。

posted by MOMO at 21:43| 福岡 ☁| Comment(0) | F-14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。