2007年05月23日

動画 スチレンペーパーをなめてはいけません!!

スタートしてしまえば基本的に後戻りは出来ないという仕事をしている関係で

何かトラブルが発生しても何とか復旧出来るように

何処を壊れるようにするか何時も考えている所為か

模型飛行機を作るときもついそのことを考えてしまいます。

ぷっちんトレーナーも先ずトレーナーなので

丈夫であること メンテナンスがし易いこと 修理が簡単に出来ること

オマケにテストベットとして簡単にEDFが交換出来ることを念頭に計画しました。

そしてクラッシャブルゾーンをストレーキの前に設定していました。

又ジェット飛行艇もストレーキ状の波きりの前の部分にキャノピーを切り込む様な形状にして

万一の場合キャノピーが外れストレーキ前の一番細い所が折れるように計画していました。

ぷっちんトレーナーはEDFを55mmから64mmへ

JET飛行艇はモーターを交換していていたのですが

天気が良かったのでテスト飛行を行ったのです。

結局はクラッシャブルゾーンの機能テストとなってしまいました。

CRASH1 WMV 3.12MB

EDF64とVLモーターの相性は非常に良いみたいで

500g近くになった機体でも手投げに特に不安もなく加速していったのですが

かなり暴れてこれまでの様な安定性がなく翼を開こうとした時にこけてしまいました。

CRASH2 WMV 1.48MB

モーターをチョッと強化した為 余裕のなかった換装前と比べて発進は楽になったのですが

チョッとバランスを崩してこけてしまいました。

結果として JET飛行艇は予定通り機首先端が曲がり

ぷっちんトレーナーもストレーキ前が曲がりましたが此方はEPPの為伸ばせば元に戻ります。

主翼はサーボモーターのホーンが折れただけです。

確かにクラッシャブルゾーンは機能したのですが チョッと問題ありです。

つまり落ちた時のことを考えるのも大事だとは思うのですが

同じくらいもっと上手く飛ぶようにすることも大切なことです。

スチレンペーパーもEPPもバルサもGRPも空気を掴んで飛ぶことに変りはないのですが

スチレンペーパーやEPPは手軽な為

飛びも製作も管理もつい手軽のものと安易に考えていた部分がありました。

今回のトラブルの原因はその辺みたいです。

発泡素材はバルサと比べればヘロへロで自重でも曲がってしまいますが 

バルサと違うのは曲がっても応力は残るみたいで

時間をかけて元に戻ってしまおうとしてしまいます。

その為バルサは多少強引な仕事をしても馴染んでしまいますが

発泡素材は馴染まずに結局捩れてしまいます。

飛行性能が安定しないのは設計による部分が大きいと思われ2機とも翼が捩れていました。

今回の件でまたスチレンペーパーの性質が少し解ったような気がします。

次回作は翼にもう少し気を使ってみます。

posted by MOMO at 21:34| 福岡 | Comment(9) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

今日は楽しい水遊び!!

気温は34度 全く日陰のないお池はかなりシンドイものがありますが

吹き抜ける潮風がチョッとした救いになります。

団体の台風様ご一行は 結局こちらの方へは来ませんでしたが

多少の影響があるのかチョッと不安定な状況です。

コンパクトなデジカメではとても撮りきれない巨大な入道雲が湧き上がり

しばらくは強い陽射しを遮ってはくれましたが雷が鳴り出したりしてチョッとあせったりします。

とは言え今日は空も水もとても綺麗な色で最高の水上機日和です。

S機 離水 着水

IWA機 離水   タッチ&ゴー   ハンプ 

N機 着水 離水   ローパス   サービス

INO機 離水   離水 着水

posted by MOMO at 00:11| 福岡 ☁| Comment(9) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

水上機のテスト 色々。

豚の飛行艇はフィオの新設計の主翼と新しいエンジンの為 さらに過激な戦闘飛行艇になったそうです。

秘密警察に追われた豚はテストをする間も無く新しくなった飛行艇で狭い水路を抜け飛び立つのですが

大きく傾き翼端を引っ掛けます。

しかしフィオの指示で新しく取り付けたトリムタブで何とか姿勢を取り戻します・・・・・・

さて我がJET飛行艇は禁断の3Sバッテリーを載せての再テストです。

低速時のエレベーターの効きの悪さを補う為につけた小さな動翼はラダーと共に

動作角を40パーセントに押さえたにも関わらず非常に良く効きます。

3Sのダクテッドファンのパワーは非常に強力でスタート後いっきに離水速度まで加速します。

しかし左に傾いた機体をトリムで修正する間も無く 逆に切った舵は全開のダクトの噴流を受け

いっきに機体をひっくり返してしまいました。

この機体は真似事が好きなようです。

3Sバッテリーでのテスト 4.9MB WMV

 

 

 

CAP232水上機のテスト

ALL EPP製のCAPは柔らかな機体と軽量な為 極低速域でのスロットルコントロールが重要となりますが

モーターとアンプの愛称が良くないのか スロットルの下の方がチョッとラフな感じでイマイチな感じでした。

楽しい機体にするにはもう少しチューニングが必要です。

CAPの飛行テスト 4.7MB WMV

 

 

カタリナ飛行艇の走行テスト

この機体用の2100mAバッテリーが届いたので バッテリーの慣らしを兼ねて 走行テストを行いました。

GP15×2クラスの機体は飛行艇としては小さな部類になりますが

最近は小さな電動機ばかりを見ているので とても大きく感じます。

ハンプ時の水煙は実機を彷彿させる迫力があります。

流石にこの大きさでは田んぼが狭く感じます。

浅い田んぼでの走行テスト 4.8MB WMV

充分な水深の田んぼでの走行テスト 4.7MB WMV 

posted by MOMO at 23:41| 福岡 | Comment(15) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

JET飛行艇 チョッと息抜き!

Mickey Airplane Works工房周辺の田んぼにも先日より水が入り始めました。

あらがきで地中の虫が掘り起こされるのでしょうか? ツバメが沢山来ています。

チョッと真似をしてみました。

さて今日は調整した翼端フロートの走行テストを行いました。

翼端フロートはこれで良さそうですが 今ひとつスピードに乗り切れません。

ステップ後方の角度が少し浅いようです。

ステップも もう少し後ろの方が良さそうです。

上手く行けばこのまま 離水させたかったのですがチョッと無理でした。

手直ししてやり直します。

 

しかしせっかく水が張ってあるので 癒し系”アンサー”を飛ばしました。

のんびり飛行 WMV  4.8MB

 

(重要)

お百姓さんは米作りに命を懸けています。

絶対に断り無しに他人の田んぼに入ってはいけません。

 

posted by MOMO at 23:57| 福岡 | Comment(2) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

JET飛行艇 翼端フロートの調整

格好優先の翼端フロートは波 風にチョッと弱い事が分ったので高さと位置を修正しました。

若干長めなので後は走行TESTを行い調整します。

田んぼに未だ水が入らない為 今度のTESTは噂の”秘密のお池(超ローカル)”で行いました。

此処は普段はT氏がボートで遊んでいるところです。

走行TEST-1 WMV 4.9MB

走行TEST-2 WMV 4.9MB

相変わらずの風 しかも横風です。

水面から離れると横風 及びその当舵の為 パッと横に跳ばされるので 全開には出来ないのですが

何回かの走行TESTの結果 翼端フロートは5mm位切ったらいけそうです。

 

posted by MOMO at 11:09| 福岡 ☁| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

JET飛行艇のTEST飛行です。

最近の天気は訳が分りません。

天気が良くなるのをまっていてもらちが明かないので 初飛行にはチョッとキツイ風でしたが 飛ばしてみることにしました。

先に双発型から行きます。

ノーマルEDF50×2 2S−1000mA 270gです。

推力は120g程でしたが 手に持ってみると 結構な引きと言うか 押しと言うか 何とかいけそうなので先ずは手投げでスタートです。

始めは舵の効き具合が解らず 風にあおられましたが その後はハーフスロットルで流せました。

TEST飛行1 手投げ WMV 4.6MB   

 

次に単発型を行きます。

こちらは enJET56にお手軽2Sモーター 2S−1200mA 340gです。

こちらは充分なパワーがあるので安心して飛ばせます。

がー 危険地帯に引っ掛かってしまいました。

TEST飛行2 手投げ WMV 3.3MB

何処も壊れていません。

しかし飛ぶことが確認出来たので 用心して その後の飛行は中止しましたが 水を入れる準備をしている田んぼがあったので 浮かべて遊んでみました。

水遊び1  WMV 3.3MB 

水遊び2  WMV 3.3MB

水深が浅いので 所々で腹を擦っています。

 

双発型はパワーはありませんが 軽い為 思いの他良く水に乗りそうです。

水遊び3  WMV 3.3MB

 

自分の好み優先で作った翼端フロート等幾つかの問題点が解ったので

手直しは Mickey Airplane Worksにお願いしています。

泥んこ遊びをした後は 手と飛行機を良く洗いましょう。

 

posted by MOMO at 11:45| 福岡 ☀| Comment(5) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

動画 RFB ファントレーナーの初飛行です!!。

この2〜3日 良い天気です。

カメラのブレを寒さの所為には出来ない位 日中は暖かくなりました。

こんな日に初飛行せずに 他に何をしましょう?

という訳で 今日は RFBファントレーナーと F-15です。

もうキッチリ調整の取れたF-15は

他の機体の初飛行前の肩慣らしとしての役目が出来ます。

F-15 手投げスタート wmv(4.5MB)

F-15 着陸 wmv(4.5MB)

カメラのメモリーが少ないのですが 中々降りてきません。

モーターを変えてからバッテリーを全然食いません。

 

 

RFB ファントレーナー手投げ  wmv(4.8MB) 

実機はプロペラ機からジェット機への繋ぎとしての設定らしいのですが

確かにそんな雰囲気を感じさせます。

形はジェット機風ですが 飛びは如何にもトレーナーです。

機体重量320gに対し 静止推力は350gある為 手投げスタート後は落ち込みもなく

いっきに上昇していきますが 前面抵抗が大きいのか あまり加速はしないようです。

安定性は良く 普通に飛ばせます。

問題があるとすれば スピードを失うと エレベーターが効かなくなるので 

頭を下げて加速する事は出来ません。

重量物が中央に集まっている所為か 浮力を失ったときの挙動が独特です。

リカバリーが難しそうです。

posted by MOMO at 22:51| 福岡 | Comment(3) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

日記 ・・・ところで今日も元気に飛んでます!!

最近雑用が多くてドライブとか花見とかそんな気分になれず

何処にも行ってないのですが 気が付けば 庭の梅も満開になっていました。

この時期になるといつも食べたくなる物があります。

桜餅と鶯餅です。

近くに何十年も前からあった小さな和菓子屋の其れです。

メニューは桜餅と鶯餅と串団子とオハギ それと水羊羹くらいのホントに小さな店です。

でも最近店を閉めてしまいました。

行きつけのオヤジの床屋も店を閉め 現在の店に落ち着くまで2〜3年掛かりましたが

その和菓子屋の替わりは未だ見つかっていません。

ボチボチ次の店を探します。

しかし最近〇〇屋のオヤジとかいえるような人が減ったような気がします。

チョッと寂しくなります。

 

しかし今日は良い天気! 相変わらず元気に飛んでいます。

F-15は手巻きモーターからhyperionの2205に変えました。

電流値が下がったので2s1000mAから2s700mAへと戻しましたが

飛行時間はむしろ伸びたくらいです。

wmv(4.0MB)

 

ダンボールジェットUはバッテリーを軽い物に代えたところ 290gになりましたが

頭が軽くなり舵が敏感になった為チョッと緊張感がありました。

wmv(4.0MB)

 

 

posted by MOMO at 01:01| 福岡 ☁| Comment(2) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

日記 YBDF1のテスト飛行(次の準備16)。

ダンボールジェットUの初飛行の後

YB飛行艇-ダクテッドファン仕様の手直し後のテスト飛行を行いました。

テスト飛行   wmv(2.0MB)

 

初飛行時 旋回に入らないので 心当りのある点を修正して

再度テスト飛行を行いましたが ヤッパリ曲がってくれません。

物事に動じない真っ直ぐな性格は好きなのですが

RC機としてはチョッと無理が有るみたいです。

厳格に計画されたYB飛行艇の設計思想を無視した改造に無理があったようで

本来の性能を発揮させる事が出来ませんでした。

何とか旋回させようとして高度を落としてしまい

その後電柱に力いっぱい鼻をぶっつけました。

先端のEPPブロックのおかげで被害は思いの他少なかったのですが

これ以上この仕様に拘る意義も無さそうなので

YB飛行艇は色違いのもう一機のほうで出直す事にし

この機体に着けていたメカを利用して 別の機体を作る事にしました。

これは次に作る機体の情報収集の為のお手軽系ジェットです。

適当にスケッチして 肉盛します。

モデルは90年代後半には量産されるはずだったビジネスジェットですが

いつの間にか消えてしまったみたいです。

好きな機体だったので それを参考にしてみました。

EDF50に対しチョッと小さいような気もしますが重くなりそうなので

程ほどにしてみました。

posted by MOMO at 23:50| 福岡 ☁| Comment(4) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

実験機 ダンボールジェットUの初飛行

Mickey Airplane Worksの工房長から いつもの様に 

”出来たよー” と写真が送られてきました。

何やら えらく立派なタイヤが着いています。

重そうですが 安心感があります。

いずれにしても今日は良い天気なので 早速初飛行です。

バッテリーは1800mA−2Sです。飛行重量は310gになりました。

何時もの様にパイロットは工房長 私は撮影係です。

今日は珍しく風が回ってません。

滑走離陸出来る所が無いので手投げスタートです。

2Sですがパワー感は充分でスタート後 落ち込みも無く アッサリ飛んでしまいました。

トリム修正後はトレーナー其のものです。

主翼の軽い上反角と後退角のおかげで非常に安定が良いです。

反トルクの影響も少ない為

トレーナーはスクリュウよりダクテッドファンの方が良さそうです。

電流値は全開時18A程でした。

動画の撮影はデジカメで行なった為 10分強の飛行時間中にカメラの電池の

電圧低下やメモリー不足が発生した為 ファイルは途中で切れています。

初飛行 手投げスタート  wmv(4.0MB)

上空飛行中         wmv(3.9MB)

posted by MOMO at 01:21| 福岡 | Comment(3) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

日記 初飛行日和です!

朝からあまり風がありません。

薄曇です。絶好の初飛行日和です

急いで充電して Mikey Airplane Worksまで行きました。

今日は先ずF-15からいきました。

wmv(3.8MB)

前回飛ばした時の2s700mAは チョッとくたびれていた みたいなので

新しい2s1000mAに代えました。

20g増の220gとなりましたが あまり関係ないみたいで元気良く

飛んでいきましたが危険地帯を掠めた様で 小川に落ちてしまいました。

ぬれた為に風邪を引いたようで アンプが熱がでたみたいです。

 

次は 初飛行のぷっちんトレーナーです。

テスト飛行で壊した機首部分を新しい物に変え

エレポンを 普通のエレベーターとエルロンに変えました。

エルロンは左側だけです。

手投げスタート  wmv(3.9MB) 

可変翼テスト  wmv(3.8MB)

上空飛行−着陸  wmv(4.0MB) 

改造後飛行重量は450gにもなってしまいましたが 手投げ後落ち込みも無く

結構なスピードで上昇していきました。

カメラの操作にまだ不慣れな為 3回目の飛行でやっと動画が撮れました。

 

posted by MOMO at 01:14| 福岡 ☁| Comment(8) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

実験機 ダンボールジェット

Mickey Airplane Worksからのレポートです。

プラスチック製ダンボールのサーブドラケンにダクテッドファンを乗せた試作品です。

半透明のダンボールとカーボンの質感がチョッとクールでオシャレ!?

EDF55と3Sリポの組み合わせです。

重心を合わせるとバッテリーの位置は機首最前部になります。

以前この様な構造で5mmのスチレンペーパーでプッシャー式のF−16を作った時

同じ様にバッテリーを最前部に積んだところ 前後に重量物がある為

支えきれず墜落時 簡単に壊れたことがあります。

その点この材料はバッテリーを支えるのに充分な強度があります。

安全の為

先端部はEPPによるクッションをつけます。

素材がダンボール状なので

動翼は裏面をカットし チョッとひねるだけで簡単に出来ます。

この状態で300g程です。

機体だけなら35gなので あと1〜2割 大きくした方が良かったかも知れません。

 

 

《追》

先程テスト飛行しました。

初飛行のさわり(1MB wmv)

 

 

posted by MOMO at 00:01| 福岡 ☁| Comment(3) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

F-15 初飛行です!!

Mickey Airplane Works工房内です。

機首の潰れたぷっちんトレーナーや

インペラの吹っ飛んだBD-5の修理が終わったとの連絡がありました。 

強い寒気団の影響も収まって 久しぶりに穏やかそうな天気だったので

機体の引き取り序に F-15のTEST飛行を行うことにしました。

Mickey Airplane Worksまでは 車で30分程の距離ですが

いざ行ってみると結構風が強いのです。

ファンフライ系やトレーナーは煽られて 飛ばすのはチョッと辛いくらいの風でした。

しばらく様子をみたら幾らか収まったので 思い切って飛ばすことにしました。

飛行前 お約束の記念写真です。

Mickey Airplane Worksのボス Mickey氏が直々に最終点検をしてくれました。

(4.68MB wmv)

先ずは 肩慣らしに BD-5から飛ばします。

5mmのデコパネで作った機体はとても丈夫で

強風の中 アッという間に 上空へ上がっていきました。

EDF64とVLモーターの相性はとても良いみたいです。

工房長と交替で何度か飛ばした後 愈々F-15の初飛行です。

パイロットはベテランの工房長にお願いして 私は撮影担当です。

(3.76MB wmv)

ボスが見守る中 風の切れ目を狙ってスタートしました。

周上飛行2週目第4旋回に移るところで風に押され 機速を失い落ちてしまいました。

只バッテリー(2s 700mA)込みで200gと軽い所為か無傷でした。

とりあえずこの強い風の中 飛ぶことが確認出来たので

今日は無理せず これで終了にしました。

工房長の感想は

ロール方向は安定が良い割に舵は良く効く ピッチ方向は敏感である

との事でした。

先ずはメデタシ メデタシです。

 

posted by MOMO at 10:35| 福岡 ☀| Comment(3) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。