2014年11月08日

落書き 水上飛行機の引込脚(14)

とりあえずテスト品の組立終了です。

複座なので可也太いです。

最近の小さなサーボモーターなんか何処にでも取付OKかも・・・

ウチの居候は鰹節以外興味は無いみたいです。

作ってみなくちゃーワカラン問題が色々出てきたので此れから如何しよー

とりあえず寝てから考えよー

posted by MOMO at 22:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

落書き 水上飛行機の引込脚(13)

キャノピー部 最後の一枚を接着したらおしまいデス

posted by MOMO at 23:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

落書き 水上飛行機の引込脚(12)

注文していたスチレンペーパーが届いたので

図面がある分だけ 手作業で切り出してみました。

画材屋の其れはみんな一緒と思っていたのですが

今回入手した物は大分違ってました。

カッターの刃を可也起こして切っても裏側にササクレが出ません。

此れは良かったです。

只己の未熟な工作技術をカバーしてくれるものではありませんが・・・

キャノピー部分 裏に折り線を入れてエイヤー べキッ アレー

カウル

後部胴体 テストなのでカーボンパイプは省略

胴体中央部の3Dプリント部品

スチレンペーパーの部品の繋ぎ目に位置合わせ用のホゾを図面に入れ忘れてました。

失敗です。

posted by MOMO at 22:53| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

落書き 水上飛行機の引込脚(11)

CNCで切り出す前に 本当にこの図面で大丈夫なのか確認の為

手作業で切り出してみました。

スチレンペーパーの在庫が無かったので 切れ端で取れるだけ切ってみました。

3Dプリントした部品との取合は大丈夫みたいです

posted by MOMO at 22:18| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

落書き 水上飛行機の引込脚(10)

色々あって忙しくて手が出なかった 或いは只面倒くさかっただけなのか

とにかくほったらかしていたモコ・マシンですが

久しぶりにスチレンペーパーをチョッとばかし切るので 引っ張り出しました。

この機械 テーブルの上板は消耗品扱いになってます。

今回はA3サイズ テーブルいっぱいが加工範囲になるので

作業しやすいように 捨て板スチレンペーパーを貼った専用のテーブルを用意しました。

標準は上面からビス6本で固定されてますが

外しやすいように 側面に抑え板を取り付け

その取付用ビスを緩めると簡単に外れるようにしました。

又 キリコが下に落ちやすいように 立てて使いますが

付属の脚だけでは チョッと不安なので

手持ちのベニヤ板の端材の上にビスで固定しました。

配線を繋ぎ 動作確認しましたが 操作方法をスッカリ忘れてます。

そういえば 最近飛行機を飛ばしてないので 多分飛ばし方も忘れてるでしょうね

長いような 短いような連休もこの程度で終わりです

posted by MOMO at 21:48| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

落書き 水上飛行機の引込脚(9)

先週 プリント用データをUPしたわけですが

あれから出張に行ってました。

3日に帰ってきたら モノが届いてました。

何時ものように一週間です。

データを重ねて送ったら モノは其のまま重なって戻ってきました。

使いものになりません・・・・・

   

ウソです。DDMは一つずつ丁寧にプチプチで包んで送ってきてくれました。

胴体中央部です。

絞ってる部分の胴枠は前後の寸法差もキチンと再現されてます。

水平尾翼は此れにスチレンペーパーを巻きつければおしまいです。

細い部分でも 200mm以上ある長い穴が簡単に作れるのは好いですね!

左右をビスで繋げば組立はおしまいです。

後はカーボンパイプで繋げば フレームは完成で

此れにスチレンペーパーを巻きつければ 胴体は出来上がるわけです。

今回 プリント代が半額と言う事で

チョッとやり過ぎかなーと思う位 プリントしてみました。

胴体床板なんかパイプ2本にカンザシ受け程度で充分だったのですが

3Dプリントでどの程度の物が出来るか知りたかったので此処までやってみました。

ホビー用の3Dプリンターではプリント出来ない大きさのものでも

捩れなく綺麗に出来てました。

只 3Dプリントは現時点での寸法上の制約の為 薄く出来ない処もあります。

水平尾翼も使えないことはないですが チョッと重たいです。

飛べない事はないと思うので 製作は進めていきますが

引込脚付フロートをぶら下げるのはチョと辛いかも知れません

そのときは普通に固定脚をつけます。

      

然し3Dプリンターで飛行機を作ると非常に楽して製作出来るので

図面の無駄な部分をシッカリ整理して軽量化に勤め

その分プリントパーツを増やしたいです。

posted by MOMO at 16:17| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

落書き 水上飛行機の引込脚(8)

此れまでの絵は所謂アイデアスケッチでしたが

今回は 寸法の入った製作用詳細図です。

因みに某プリント屋さんが 今月いっぱいは 半額と言う事らしいので

出来ている分だけまとめて データをUPしました。

順調にいけば 来週末位には届きそう

posted by MOMO at 21:46| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

落書き 水上飛行機の引込脚(7)

プリンター CNCが A3なので その範囲に収まるか 確認です。

posted by MOMO at 12:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

落書き 水上飛行機の引込脚(6)

なんか文章を書かねばと想いつつ モー頭が回らん・・・

posted by MOMO at 23:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

落書き 水上機の引込脚(5)

当たり前の事ですが 自分で図面を描いて作る場合

自分で寸法を決めなければなりません。

スマートな機体の場合は そんなに目立たないと思うのですが

この機体のように 中央部が太いと 後方の胴枠は

前と後ろで寸法が結構違います。

前 後ろ 或いは中の寸法を採るか・・・

3Dプリントだとその辺もチャンと作れるので 其れも有りかなと考えています。

posted by MOMO at 20:02| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

落書き 水上飛行機の引込脚(4)

胴体の作り方なぞ 色々あると思うのですが

今回は ペーパークラフト風に挑戦です。

然し私の使っているCADには

立体を展開してくれる機能はありません(多分ないと思う・・・)

其れで 中学の技術家庭科でやった方法で 手作業でやってみました。

外観を小さな四角い平面で切っていきます。

実長が出ているので 此れを繋いで 平らに広げればOKの筈です。

後はA3程度の大きさに収まるように適当な所で分けます。

其れを切り出し 繋いだところをペキペキッと折り曲げて

接着剤で繋いでいけば出来るはず・・・・多分出来る筈

posted by MOMO at 21:07| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

落書き 水上飛行機の引込脚(3)

前回の絵を製作用に分解・展開しようと思ったのですが

データがチョッと汚かったです。

このまま分解を進めても どっかで行き詰まりそうだったので

絵を描きなおしました。

実機の画像と重ねてみましたが 極端には ずれてないみたいです。

此れを元に 製作用図面を描いてみます。

posted by MOMO at 19:59| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

落書き 水上飛行機の引込脚(2)

スチレンペーパーで機体を作る方法は色々あると思うのですが

とりあえず 3面図に肉盛りしてみました。

10クラスの大きさにした心算ですが 胴体が可也太いです。

試しに2サイクル60-4気筒を置いてみましたが カウル内にスッポリ入ります。

胴体だけで 無垢の発泡材なら800g程度

5mmのスチレンペーパーで150g程度になりそうです。

どうやって作るか・・・・

悩まずにサッサと作り易そうな他の機体に変更するか・・・

posted by MOMO at 19:43| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

落書き 水上飛行機の引込脚

こんなんとか・・

こんなんとか・・・

これなんかも・・・

これもいいけどね・・・

でもって 結局 これで進めてみる事にしました

メーカーのHPにあった三面図をCADに取り込み製作図を描いてみます。

フロートに合わせて 縮尺を決めます。

断面とか 曲がり始めの位置とかは 画像を参考に適当にエイヤーです。

どうせ 100m離れて見るスケール機ですから・・・・

posted by MOMO at 17:00| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

落書き フロートの引込脚(22)

先日出来た部品と 此れまでに作ったもので仮組みしてみました

脚を引っ込めるとこんな感じ・・・

カーボンパイプはもう少し長くなりますが 重さは大して変わらないので

此れにフロートとサーボモーター リンケージを含めると

一本あたり200g位で出来そうです。

容積は一本1.5リットル程度なので

ウーン 後は機体がどの程度で出来るかなー?と言うとこです。

posted by MOMO at 13:40| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。