2013年12月21日

落書き フロートの引込脚(21)

ウー なんか進むほどに怪しくなってきたぞー

posted by MOMO at 17:17| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

落書き ジックリ進めてます・・・大したことはないけどね 

この機体を知ったのは 30年位前のこと

カッケーー!!!!と思ったわけです

そして3年位前にこんな絵を描きました。

3Dプリンターで作った胴枠を兼ねた前輪引込脚と主車輪引込脚

其れと尾部をカーボンパイプで繋げばイイジャン!

って当時思っていたのですが はたして絵を描いてみると

もう少し3Dプリントのパーツを増やしても好いのかなーと感じました。

3Dプリンターは 結構使えそうです。

posted by MOMO at 22:42| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

落書き フロートの引込脚(20)

切削加工の心算でいた主脚を3Dプリント用に変更した絵が出来たので

STLに変換し データが崩れてないかチェックした後

プリント出力サービス会社にネット経由でデータを送りました。

月曜の夜に送り 日曜の朝には宅配便で出来たものが届きました。

届いたものをそのまま仮組みしてみました。

 ※サスペンションのダンパーは別部品で後日造形します。

今回はナイロン系粉末樹脂を 炭酸ガスレーザーで焼結させるSLSでやってみました。

けっこう弾力もあります。

POMの切削加工との質感の差はこんな感じです。

若干の変更は必要ですが 形状は此れでいけそうなので

次は此れに合わせたフロート本体の計画にはいろうと思ってます。

フロート本体も一発でプリント出来るとは思いますが

多分恐ろしく高そうなので 此れはバルサ組みフイルム仕上げの予定です。

posted by MOMO at 22:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

落書き フロートの引込脚(19) 

光造形で作ったターボのインペラーです。

先日 宅配便で届きました。

     

最近 会社の製品の1/10模型を作りました。

3Dプリンターで作った場合 フルスクラッチっていえるのかいな?

何しろ初めてのことだったんで 色々ネットで調べていた時

抽選でサンプルが当たりますっていうのに応募していたみたいで

如何も其れが当たったようです。

宝くじは当たらないけどね・・・・

薄い部分も結構シッカリしています。

3DプリンターでRC用の部品を作った場合

強度的にドウよっ?て思っていたのですが

色々見ていると 案外いけるんじゃないかなという気がしてきました。

それで 前輪はPOMのCNC加工でいきましたが

主脚の方は3Dプリンターでやってみようと思います。

図面を3Dプリンター用に描き直して見ました。

posted by MOMO at 22:23| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

落書き フロートの引込脚(18) 暑いのだ!

昔 バイクに乗ってた頃 夏はぶっ飛ばすと気持ち好いでしょーネー!!

って よく言われてました。

冗談じゃないですよねー

夏は水上飛行機の季節なんて よく言われますが

冗談じゃないですよねー

大体 水上機飛ばせる所なんて 日陰なんかありゃしません

今年の夏の暑さを チャンと乗り越えられるのか チョと不安があります。

こんな時は涼しい本屋さんで座り読みか

ウチで 水上機の絵を描いているのが 楽でヨロシイのだ

引込脚の諸々の問題は目処がつきそうなので 上に載せる機体を色々考えてます。

昔好きだった機体にErcoupeと言うのがありました。

其れをたまご飛行機風と言うか

バウムシュタット風に出来れば好いなと思うのですが

実機は全金属製の丸胴です。

スチレンペーパーでどうやってその形状を再現したら良いのか解りません

先ずはブロックを切り 角を丸めて後は適当にエイヤー

然し可愛らしく変形させるというのは 難しい・・・

posted by MOMO at 20:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

落書き フロートの引込脚(17)

仮組みしてみました。

先ずは出た状態

引っ込めたらこんな幹事

実機は長いアクチュエーターを使ってるようです。

もう少し大きなモノを作る場合 実機と同じようなレイアウトで

汎用のエアシリンダーなぞ着けてもいけそうな感じです。

問題点が解っていたものも含めて沢山出てきました。

調整ですまない部分は作り直しです・・・・・トホホ

posted by MOMO at 22:19| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

落書き フロートの引込脚(16)

昔は図面無しで 適当に材料を切り込んで飛行機を作っていました。

今は先ず図面を描きます。

此れは別にどちらが良いという問題ではありません。

只 長所 短所はあると思います。

図面が先で良かったと思う事は 例えば

上手な人(此処とても重要)にお願いして作ってもらう

CNCで削る

3Dプリンターでプリントする

・・・要するに楽して自分のスキル以上のものが出来るという事でしょうか

其れはともかくとして 色々ありまして

途中は跳ばして いきなりですが 此れだけ出来ました。

posted by MOMO at 21:12| 福岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

落書き フロートの引込脚(15)

引込脚付フロートの落書きを始めてからもう1年近くなりますが

何も出来てません 毎度の事ですが 中々進みませんねー!!

少し迷ってます。

強度と重量のバランスです。

引込脚を丈夫に作りたいのですが そうすると重たくなります。

軽くて丈夫なデザインが出来れば良いのですが 知恵がチョと足りません。

重たいフロートをを 安定の良さそうな高翼機にぶら下げると

操縦し難そうな気がします。

其れで 機体をMAULE風から低翼機に変えようと思います。

探してみたのですが 最近は 低翼のフロート付は此れ位です。

此れも良いと思うのですが いまひとつ気がのらないので

お気に入りのバウムシュタットのRETRO180風で計画してみました。

丸っこくて可愛いRETRO180を大きくしてチョと角張らせてみました。

此れだと小さくても翼面積を稼げるので

重たい引込脚付でも何とかなるかもしれません

posted by MOMO at 16:18| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

落書き フロートの引込脚(14)

絵を描いていて 行き詰るとほったらかして 次に進みます。

そうやって描きかけた絵はいっぱいあります。

コレもその一つで 気が付けば もう何年もたってました。

引込脚を如何すればよいか まとまらなかったのです。

其れで 今描きかけの フロート用の引込脚をはめてみましたが

こんなもんでいけそうです。

元々が フロートに翼を着けただけのモノですから フロート用で良いわけです。

序に スチレンペーパーで作りやすいように

機体の総ての面を 平面と曲がった面に置き換えたうえで

チョッと大きくしてみました。

此処最近寄り道が多すぎて 殆ど飛行機を作ってませんでしたが

今年はそろそろ 又始めようかと思っています。

CNCも油が切れ掛かってましたから・・・・

posted by MOMO at 22:56| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

落書き フロートの引込脚(13)

作業が進んでいません。

なぜなのか?

其れは 私がダラダラするのが好きだからです。

そんな訳で 今は 胴体の骨の部分を チンタラ描き込んでいます。

今回は スチレンペーパーを

ペキペキと折り曲げたものを繋いでゆく構造にしています。

マー 想像以上に面倒くさいです。

面倒くさいけど コレは遊びなので コレで好いのだ!

粗方 描きこんだところで

厚みがある材料で実際に作った場合 寸法がキチンと出るかチェックしました。

適当な骨の型紙を スチレンペーパーの厚みを考慮して作ります。

図面上は11.15mmとなっています。

コレをスチレンペーパーに貼り付け 線に沿って切り出し折り曲げます。

結果は マー マー 許容範囲というとこでしょうか・・・

大袈裟なようですが コレより薄い紙で作るペーパークラフトでさえ

材料を重ねるとズレが出るそうで もっと展開は難しいみたいです。

一番の問題は 私の加工精度でしょうね

posted by MOMO at 22:57| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

落書き フロートの引込脚(12)

尾翼回りから 製作用図面の作成に入ります。

垂直尾翼はこんな風・・・

水平尾翼も同じように・・・

具を皮で包む餃子と同じ構造です。

一般的にプリント出来るサイズはA3まで

ウチのCNCもA3サイズなので A3図面に収まるように

各部品をバラしていきます。

エー 面倒くさい構造です。

作りにくいです。

厚めのスチレンペーパー 一枚から切り出したものと比べて

重量的にも強度的にもコスト的にも メリットはありません。

何でこんなヘンな図面にするのかって?

其れは 私がヘンなオジサンだからです。

 

MAULE M7 LANDING GEAR FLOATS

posted by MOMO at 16:15| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

落書き フロートの引込脚(11)

古い機体に新しいエンジンを載せかえると こんな風になっちゃうんですねー

前と後ろのバランスがチョとアレですが

結構好きです こんな雰囲気は!!

其れで 今計画中のコレも 前をちょん切ってやり換えてみました。

不細工ですねー ヨッシ コレでいってみよー!

 

 

MAULE M7 LANDING GEAR FLOATS

posted by MOMO at 22:02| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

落書き フロートの引込脚(10)

箱胴なので 簡単に出来たはずなのですが

胴枠を傾けた為 結構面倒くさくなっています。

骨の接続状況をチェックしているのですが 結構ずれてます。

製作上の問題はないのですが 何となく心がムズムズします。

別に納期が在るわけでなし 頼まれ物でもないので

やり直すことにしました。

然し 時間の経つのは 恐ろしく速いですねー

   

   

MAULE M7 LANDING GEAR FLOATS

posted by MOMO at 20:38| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

落書き フロートの引込脚(9)

一週間作業が進んでいません。

実はチョッと悩んでいました。

コレにしようか

それとも コレにするか・・

6chのコレもヨサソー!

メーカーはおもちゃではあーりません!!といっています。

デモね このような怪しげなオーラを放っているものに引っ張られてしまいます。

GPS付きで元に戻ってくるタイプもあるんだって!!

  

中身を他の機体に載せられるか なんて事も色々検討してみました。

幾つか絵を描いてもみたのですが・・・・・

結局 未だ結論が出ていません。

”悩みって その程度かよっ”と言われそうですが

人生とか 仕事とか 人間関係とか 髪の毛がへったとか 歯が減ったとか

金がないとか 血圧が高いとか コレステロールが如何のとか

ローンの残りが未だ山の様とか 家の彼方此方が隙間だらけとか

猫の糞の処理がドーたら とか コンピューターがそろそろおかしーとか

ベルトがキツイとか 睡眠不足とか ・・・・・

そんな事は悩んでも何の解決にもならないので 悩まないのだ。

posted by MOMO at 21:40| 福岡 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

落書き フロートの引込脚(8)

バウムシュタットのLOCO180とか

ムサシノのスカイパピイを参考に計画しているのですが

現時点で 175g  薄めのスチレンペーパーは結構重いです。

それにフロートの引込み脚は重すぎ・・・

もし同じような市販品があるとすれば 重さは多分半分位

まだ 詰めが甘いなー

    

posted by MOMO at 23:45| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。