2006年02月06日

F/A-18 尾翼の取付

位置決めされているパイプに軸受を仮組し

絞り込んでいる胴側面の角度に合わせて 軸受の取付面を修正します。

順次当たりを修正し取付けていきます。

この機体の場合 機能はエレベーターだけなので軸は貫通しています。

サーボホーンとエレベーターホーンを繋ぎます。

シャフトの左右のズレはエレベーターホーンと反対側につけたストッパーで止めます。

最後に角度を調整してネジを締め固定します。

これで現在製作中の機体の尾翼のリンケージ 4機分がが終わったので

其々次の工程にいきます。

 

posted by MOMO at 23:22| 福岡 ☔| Comment(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

F-18E エルロン仕様に改造してみました。

操縦性を 改善する為に エルロン仕様にしてみました。

前縁もチョッと下げてみました。

結果はキリキリ舞いでした。錐のように良く回りました。

コントロール出来ないと云う意味ではありません。

が エレベーターの不調で突っ込みました。

でも壊れていません。 凄いです。

エレベーターの手直しがチョッと面倒なので 如何するか検討中です。

 

posted by MOMO at 13:08| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

F/A-18 Depron ぼちぼち製作の続き(3)

胴体の前と後を繋ぎます。

切り欠きを合わせればセンターが出ますが 念の為 目立たない処に

センターラインを入れて確認出来る様にしておきます。

左右のストレーキを取り付けます。

飛行機のことを全く知らない人がこのストレーキ部分を見て

達磨のようだと言いました。

よー解りません。

現在 100グラム弱です。

休みの日はあんまり働いてはいけません。今日はこれでおしまい。

 

posted by MOMO at 00:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

F/A-18 Depron ぼちぼち製作の続き(2)

最近 作っている中で 唯一のKITです。

レーザーカットの精度はとても良く 主要な部品を仮組してみましたが

各部品のホゾが上手く絡み合い 特に問題はなさそうでした。

組立の流れは

前部胴体 後部胴体 背骨其々組立てたものを一つにまとめる様になっています。

三つのパートを繋ぐ前に 後部胴体 水平尾翼の軸穴の通りを確認します。

左右の側板には既に穴はカットされています。

軸となるカーボンパイプを通してみると僅かですが ズレています。

これは 側板と底板にホゾが無い為の製作誤差です。

後部胴体に背骨を仮置きし 軸を通します。

背骨の位置はこれで決まってしまいます。

前部胴体は後部胴体 背骨とホゾで噛み合います。

ところが隙間が空いてしまいました。

前部胴体と後部胴体の隙間を詰めると

後部胴体と背骨とは 穴半分ズレています。

では 如何するか?

製造の現場では この様なトラブルはよく起きます。

三つの寸法A,B,Cが在り A+B=Cの関係が在る時

Bが間違っていると Cになりません。

こうゆう場合不思議と Aを修正し 帳じりを合わせることが多いような気がします。

確かに合計はCとなります。

此処で問題なのは 結果としてAもBも間違った寸法になってしまった事です。

ではAと関係するDは Bと関係するEは どうなるのでしょう。

こうなると最後まで間違った方へ修正することになります。

物は確かに完成するのですが その後に部品交換が発生した場合 

どうなるかはお分かりでしょう。

この様な状態で組み立てられた物が トラブルを起こすと

原因が解らなくなってしまいます。

仕事では Aを修正するか Bを修正するかでよく揉めます。

私には揉めること自体が解りません。

ここは自分自身の趣味の世界ですから 私の場合は 勿論Bを修正します。

では今回の場合 どこがBなのでしょう?

この問題を考えると夜も寝られない?

冗談ではありません。

メンドクサイことは 明日に回してサッサと寝ます。

 

posted by MOMO at 00:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

F/A-18 Depron ぼちぼち製作の続き

PCの掃除をしていたら FA-18Eの仮組中の写真が出てきました。

スチレンペーパー製の飛行機を作り始めた頃は

 一発で壊れるんじゃないかと言う恐怖があって中々飛行に踏み切れませんでしたが

 プッシャーのBD-5 FA-18E ダクトのBD-5

なんとか順調に飛行することが出来ました。

そして一番強く感じたことは 

スチレンペーパーの飛行機は思いの外丈夫だと言うことです。

友人のH氏はファンフライ系 私はジェットタイプのプッシャー機を作ってきましたが

それなりの飛行回数をこなしています。

このFA-18Eが飛んでいるのだから

3D FOAMYのF/A-18は間違いなく飛ばせるだろうと言う気がして来ましたので

製作を再開します。

(ぷっちんトレーナーはプロポ関係の部品が足りないので

買出しに行くまでチョッとお休みです。)

胴体の前部と後部は既に仮組が終わっているので 背骨の後部の部分を作ります。

一般的なスティックマウントは10mmの角棒ですが

このKITではレーザーカットされたS字状のパーツを張り合わせる様になっています。

ところが1/8インチのベニヤを重ねても10mmにはなりません。

ギヤボックスを組んでみましたが ヤッパシガタガタです。

1mmのべニヤを張り足して軽く磨いたら丁度いい寸法になりました。

1mmベニヤをこのS字状に切り抜くのは 結構シンドカッたです。

ここのメーカーはこの形状に拘っていますが 今のところ意味が解りません。

図面で作っている人はケッコウ角棒を使っているみたいです。

部品をすり合わせし 仮組するとこうなります。

胴体は前部と後部とこの背骨の部分を繋げれば 粗完成します。

posted by MOMO at 00:30| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

FA-18カラースチレンペーパー�K

こんな機体は落とす 飛ばせない を前提に 3D FOAMYのKIT

そのコピーであると この灰色スチレンペーパーで作っている2機

及び 別の図面で作ったFA-18Eの4機をほぼ 同時に作り始めました。

この位作れば その内何とかなるだろうという思いでした。

後にFA-18Eは嫁入りして

ブルーエンジェルスカラーで田んぼの上でコブラを決めています。

ところで そのFA-18Eを飛ばしているH氏からクレームが入りました。

私はどうせ直ぐに 落ちるんだからと スタビレーターのカーボンロッドの軸受に

ベニヤに穴を空けただけのものを使っていましたが

手抜きはイカンと怒られました。

現在 対策を検討中につき その部分で全ての機体は製作禁止となっています。

posted by MOMO at 00:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

デプロンのF/A−18

RC Groups で お馴染み 3DFOAMY のF/A−18のKITです。

写真を撮ろうと思って ハッと気が付きました。

MADE IN USA

と 箱に書いてあります。

”そうだ 日本じゃないんだ”

Lでも Aでも Bでもないのです。

スチレンペーパーや デコパネは購入時 取り扱いに気を使います。

ましてや 海外から取り寄せなんて考えもしませんでした。

あちらは インチサイズ しかも13”x39”

そうなんです!! ギリギリに正確にレーザーカットされた素材は

正しく 13”x39” この箱にピッタシ 収まるジャーン!

一枚3$  5mmのスチレンペーパーと単価変わらないジャン!!

バルサKITの箱の大きさを考えれば 当たり前のことですよね。

AIR MAIL便なので 送料も殆んど変わりません

地方から見れば 都会も海外も変わらないと言う事でしょうか。

スチレンペーパーの在庫が切れる前に一山手配しとこう!

posted by MOMO at 00:04| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

カラースチレンペーパー

スチレンペーパーが 入手困難な為 ネットで探していたところ

と言う物が有りました。チョッと高めのような気もしますが 

B1サイズ(写真の赤い物)と大きめなので 長い胴体や主翼も

一枚物で取れる為 取り寄せてみました

写真の FA-18は青 黄 黒 茶を繋ぎ合わせてみました。

posted by MOMO at 11:27| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F/A-18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。