2008年09月09日

Mig-23 Flogger 主翼の再製作(6)




3D-CAD 2D-CAD 2D-CAM CNCの基本的な連携が何とか解ったところで
愈々本番の切り出し作業を行います。
此れまでは練習の為 スチレンペーパーばかりでやっていましたが
今回は実際に使用する航空ベニヤを切削します。
切削条件等は解らないので とりあえずエンドミルを折らない様に無難な設定でやっています。
何しろエンドミル一本でブラシレスモーターとかアンプが買えますから・・・




色々ある設定のなかで 何処まで切り込むかという問題があります。
つまりエンドミルを貫通させるか 丁度で止めるか チョッと手前で止めるかです。
今回は丁度で止めてみました。
捨て板に赤いスチレンペーパーを敷いているので
切り屑を見れば色んなものの精度が推定出来そうです。
結果ですが
捨て板に指先で触ってわかる程度の僅かな切り込み跡と材料が残った部分があります。
状況から此れは殆どベニヤとスチレンペーパーのうねりと厚みの誤差だと思います。
送り速度はかなりノンビリしたものですが それでも手作業と比べると格段に早いです。
コーヒーでも飲みながら・・・なんてのは甘かったみたいで
実際はずっと掃除機で切り屑を掃除していました。




捨て板から外し 切りっ放しのままの状態で4枚を重ねてみましたが 外形に関して
精度は全く問題無さそうです。
溝にも5mmカーボンパイプが緩過ぎず きつ過ぎず 丁度良く嵌ります。
捨て板に微かに残った削り残しと思えるものも実際にはバリにもならない程度のものでした。
小さな穴も其れより更に小さなエンドミルでクルリッと切り抜く様はチョッと感動モノでした。
Mig-23のパーツの切り出しがもう少し残っています。
其れが終わったら TORNADO-F2のパーツの切り出しに掛かります。


おまけ

本日 ORIGINALMIND.CO.JPより新型のmini-CNCが発売されたようです。
此れはチョッと凄いです。

posted by MOMO at 21:51| 福岡 | Comment(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

Mig-23 主翼の再製作(5)




先日可変翼の部品を切り出したときZ軸の設定を間違えた為
切り出した部品にキズが付いてしまいました。
今後の為に原因を特定しておく必要があります。
結局原因は切込値の符号が反対だったのとCOBRAの原点の設定の間違いの二つでした。
夜晩くは音が響くのでもう確認が出来ませんが
間違いが一つだったらどうなるのか又後でやってみます。
何れにせよ原因が解ったのでもう一度切り直してみましたが 今度は上手くいきました。
重ねてみた範囲ではズレはありません。
精度については満足出来るものです




其れで次に図面のデータがあるF-111の胴枠を切ってみました。
下の薄い部分の寸法が違うのはCOBRAが悪いのではなく エンドミルの半径分のオフセットの
設定を忘れていた為で 右の薄くヘロヘロな方が正しい寸法です。
精度ですが 結果として好くありませんでした。
5mmのスチレンペーパーを1mmずつ切り込んでいったのですが
最後の切込みで縁が切れたところから材料が逃げて段差が出来てしまいました。
赤い方の部品が上手く切れたのは
残った部分の幅が十分に広く変形しなかったからだと思えます。
RC飛行機の場合この様な細い形状がある部品は結構多いので
所々に変形が発生しないようにリブを入れるようなことも考えなければならないみたいです。
図面データのあるF-111の部品をいろいろ切ってみてその辺を確認してみます。


然しCNCというのは本当にありがたいです。
コーヒー飲みながら遊んでいるうちに 勝手に材料を切ってくれるのですから・・・
笑いが出てしまいます!!!


posted by MOMO at 21:25| 福岡 | Comment(4) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

Mig-23 主翼の再製作(4)(JWW入門者の迷い)




JWWで綺麗な図面を書く自信が未だ無いのでInventorでモデリングしオフセットした外形を
作り JWWからNCVCへDATAを渡しました。
この時点でミスに気がつかなければなりませんでした。




Machへ送った時点でも見落としてしまったのですが
焦ってスタートボタンを押してしまいました。



Z軸の最初の位置を間違えたので いきなりブスッとエンドミルが
スチレンペーパーへ刺さりました。
只キツイ設定はしてなかったので その後は何事も無かったかのように切り始めました。
外形は捨て板まで少し切り込んだ程度で他に問題は無かったのですが
最後に残した穴に行くときすじが入ってしまいました。
初めての切り抜きだったので柔らかい材料にしていて正解でした。




キズが入ったものの何とか切り抜いた部品ですが 精度については定規の目視の範囲では
カーボンスパーが入る溝はキッチリ5mm ピボット穴も5mm丁度です。
この程度の模型の部品なら1/10 或いは1/20出れば十分です。
私の場合COBRAが十分頼りになりそうです。
此れでやっとキツイ材料の切断から開放されそうです。
2Dの目処がついたら今度はいよいよ本命の3Dの方に入ります。
引込脚の図面も構想図から具体的な製作図にしていきます。
これから楽しいのか苦しいのか・・・・・・

posted by MOMO at 21:54| 福岡 | Comment(4) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

Mig-23 主翼の再製作(3)(JWW入門者の迷い)




RCGroupsで公開されているMig-23のテンプレートの一部です。
通常は材料に糊で貼り付けて切り出します。
この内ベニヤのパーツをCNCで切り出します。
テンプレートファイルはPDFとなっています。
此れをCADで読めるように変換するソフトも多分あると思うのです。
然し今回はチョッと原始的ですが
CADの背景に読み込んで上から画像をトレースしてスケッチを作ります。
画像は原画の縦横寸法で拘束し水平垂直も拘束し形状が狂わないようにしておきます。




処で右の部品を自分で設計する場合如何するかです。

私の場合だったら 先ず回転中心となる穴中心に原点を持っていきます。
リンクアームの穴の位置を適当に決めます。
カーボンスパーを支持する部分の中心線を機体の中心線に対する角度で決めておきます。
つまり最小の位置関係のみを決めてピボットフレームの回転軸穴位置に合わせ
サーボモーターのリンケージも最低の位置関係のみを決めてその後
サーボモーターの回転角に合わせて翼の動く範囲を確認し各部分の寸法を確定します。
その後干渉等をチェックしながらボスの大きさやアーム部
支持部の形状を具体的に決めていきます。

トレースして寸法が確定したものを元に図面を書いてもアチコチ線が切断されています。
ましてや形状・寸法を変更しながら形状を確定して出来た図面はかなりの部分で線が重複したり
切れている事が予想されます。
NCVCに綺麗なDATAが送れそうにありません。
そうなるとヤッパシ私が書こうとしている図面はJWと相性はよくなさそうです。



3D-CADでは線が繋がってなければモデリングそのものが成り立ちません。
3D-CADでモデリングして必要な部分の外形を2D機能で書き出したDATAをJWWで開くと
無駄の無いDATAであることが「データ整理」機能で確認出来ます。
そこで操作に慣れない間は原因が判り辛いトラブルを避ける為
3D-CADでモデリングし確定した後必要な部分の外形を抜き出し
NCVCに相性の好いJWWからDATAを送ってみます。


posted by MOMO at 00:41| 福岡 | Comment(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

Mig-23 主翼の再製作(2) (JWW入門者の迷い)




可変翼の重要な部品です。
回転中心のボス部分とスパーを支持する部分及びリンケージのアームとなる部分の
3つの形状を合成した物になります。
スパーの支持部分は5mm アーム部分は2mmなので
1mmと2mmの航空ベニヤを張り合わせています。
製作精度が甘いと接着剤の強度しか出ないし
きついとスチレンペーパーは何時までも応力が残るので翼が捩れてきます。
その様な難しいパーツを左右合計6枚も正確に切り出さなければなりません。
いくら薄いとは言え航空ベニヤをカッターで切り出すのは辛いものがあります。
電動糸鋸はもう諦めたのでCNCの最初の仕事はこの部品の切り出しを行う事にしました。
外形の切り出しなので2D-CAMのNCVCを使ってみます。
2D-CADはNCVCと相性の好いらしいJWWを使うことにしました。
2D-CADが必要になってきたので此処から入ろうと考えた訳です。
JWは建築関係向けと言われているせいか
入門書は建築図面を例題にしているものが多いようにみえます。
私は建築図面を例題にしてない入門書を選び始めの方から一通り例題を進めていき
大まかな操作は理解したつもりでNCVCに渡すDATAを作る為
早速可変翼の部品の形状を書いてみることにしました。
処が書けません。
全くかけないかと言うとうそになりますが正確に言うと書き辛いということです。
操作に慣れない初心者が偉そうなことを言うなといわれそうですが
なぜ書き辛いのか考えてみました。
先ず原点を決めづらいのです。
JWにも原点はあるのでしょうが 其れは多分図面の左下の事だと思います。
私の言う原点は部品の動作 製作の為の寸法を決める為の原点です。
JWは作図するとき 適当な点から初めて其処から相対的な座標で
位置を決めるようになっています。
次にパラメトリック変形の機能がチョッと寂しいです。
此れも相対的な位置の移動位で 円・円弧に対するパラメトリック変形の機能は見当たりません。
だから実質 修正=書き直しとなってしまいます。
CADは寸法が確定しているものを清書する為にあるのではないと思うので
此れも辛いところです。

この様な問題は結局機械図面から見た勝手な都合なんでしょうね。
私は建築図面は書いたことはありませんが建築の内容から見れば
必要の無いものを要求しているように思えます。
汎用或いは機械系CADで建築図面を書こうとすれば
違う内容の不満が出てくるような気がします。

JWはやはり建築系で其れを使って機械部品を書くことにストレスがあるように思えます。
そうなるとなぜNCVCがJWと相性がよいのかと言う疑問が湧くのですが
そもそもNCVCがCAMだから機械系と言う先入観が間違っていたのかも・・・・・

posted by MOMO at 21:05| 福岡 ☁| Comment(2) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

Mig-23 主翼の再製作

季節モノの水上機の準備も一段落しました。

今週も雨のようです。

とても飛ばせる状況ではないので もう一つのテーマである可変翼機の製作に戻ります。

F−111は製作用のテンプレートの準備に入っており とりあえず目途が立っているので

製作中のMig−23の作業を進めます。

ぷっちんトレーナーを作る時 Mig−23の主翼を使ったので それを外して組みなおそうと思ったのですが

ぷっちんトレーナーに組み込んだ時 操縦性の改善の為エルロンを取り付けたので

そのままでは 主翼をたたんだ時 胴体とエルロンが干渉する恐れがあるので 

新しくMig用にもう一組主翼を作る事にしました。

ところでMig−23は 以前電気関係のテストの為にバッテリー等を繋いで モーターを回したところ

モーターをマウントにキチンと止めてなかった為 ペラで胴体後部を破壊してしまいました。

また接着不良の可能性がある為 しばらくほったらかしていたのですが 後部の補修も済んだので

接着不良箇所については墜落時の衝撃の逃げと考えればいいのでこのまま進める事にします。

元々Mig−23用の主翼なので ぷっちんトレーナーでは充分な剛性がありましたが

Mig−23はぷっちんトレーナーの1.5倍程の重量があります。

大丈夫とは思うのですがチョッと気になります。

 

posted by MOMO at 22:13| 福岡 ☁| Comment(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

Mig-23 尾翼の取付

F−14同様 軸受を所定の位置に接着します。

位置決めしてあるカーボンパイプを基準にして一つずつ固定していきます。

この機体の場合はF−14と比べて細い為

軸受の間の距離がホーンの幅と同じになるように

軸受裏のスチレンペーパーをすり合せます。

再度カーボンパイプを通してズレやガタの無いことを確認します。

カーボンパイプを適当な長さに切断します。

ホーンを通してパイプを軸受に差し込みます。

パイプの位置を調整してセットビスでホーンを固定します。

サーボと尾翼をロッドで連結します。

尾翼を動かしてみて 胴体と干渉しないか確認しておきます。

反対側も同じ様に組みます。

posted by MOMO at 00:01| 福岡 ☁| Comment(2) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

Mig-23 内部の配線

機体上部を被せる前に内部のRCメカ 配線等を済ませておきます。

モーターは Hyperion Z2213 アンプは HP-TITAN-20-P

サーボはGWS PICO+BBです。

この辺は完成後は手が入らないので 確実に取り付けなければなりません。

バッテリー室は一番前になります。機首が細い為 スリムタイプの物しか入りません。

複座型の場合 前席の射出座席と計器の為 前が見えないそうですが

この狭っ苦しいコクピットに お金を出せば 乗れるそうです。

75万円+現地までの往復運賃という事らしいです。

お金があれば 絶対(家族には航空ショー見学と言う名目で)行きます。

ちなみにMig-25だと 超高空まで昇れるみたいです。

 

posted by MOMO at 01:03| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

Mig-23 想定内トラブル

並行して製作しているF-14と並べてみました。進行状況は粗同じです。

胴体の幅が違う以外同じ様な構造に見えますが チョッと問題が発生しました。

Mig-23のピボットフレームとStrakeの高さが合いません。

6mmの材料を前提に画かれている図面なのに

5mmのデコパネで製作している訳ですから

いつかどこかで ズレるだろうとは思っていましたが 此処に来てしまいました。

F-14が上手くいったのは 組立図があったと言うことの他に

基準面がハッキリしていた為 修正箇所が解りやすかったためです。

それに対してMig-23は イマイチ良く解らなかったので

多分大丈夫だろうと安易に考えていたら やっぱり駄目でした。

図面の精度そのものがあまり良くなく

Strakeの部品の形状も少し小さく修正が必要な為

作り変えついでに チョッと厚くすることでごまかせそうです。

ちなみに この状態で Mig-23は225g F-14は250gでした。

思いの外 Mig-23は重たいです

posted by MOMO at 00:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

Mig-23 主翼の取付(2)

胴体との接続部分を増やす為 ピボットフレームの下に三角材を入れます。

接着する時は 通常テープで止めるか 小さなバイスを使いますが

断面が三角で また狭く 通常のやり方では ずれたりする事がある為

今回は 接着剤が乾くまで ひたすら手で押さえていました。

角が指に食い込み チョッとしんどかったです。

 

posted by MOMO at 00:34| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

Mig-23 主翼の取付

ピボットフレームにサーボマウントを取り付けます。

この時使用するサーボに合わせて

スペーサーを噛ませ 翼とサーボホーンの高さが揃う様にします。

ここは非常に力が掛かるところなので

メタルギヤで高トルク 超重量級(28g)の

GWS Micro2BBMGを 使用してみます。

サーボを取り付けたピボットフレームを

胴体の切り込みのある位置に取り付けます。

このままでは フレームと胴体との接続が弱そうなので

チョッと補強を入れたほうが良さそうです。

翼を取り付けて 干渉が無いか 捩れたりしてないか確認します。

posted by MOMO at 00:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

Mig-23 尾翼の仮組(2)

エレポンの軸受を作ります。

ブラインドナットリベットと言う建材で4mmのものです。

2mmのベニヤに穴を空け 差し込んで締結します。

その後 4mmのキリで 内側のネジをさらってしまいます。

両側面に取り付けた位置決め用のベニヤに

カーボンパイプを差し込み それを基準にして 軸受を接着します。

両側面の内側は曲がっている為 テーパー状のものを挟んで取り付けます。

この後 パイプを半分に切って其々に内側から抜け止めをつけます。

軸受が固定できたら パイプを抜いて

ベニヤの穴径をチョッと広げます。

これでパイプはスムーズに回転します。

位置決め用のベニヤは最終的には

尾翼が胴側面に接触しない様にする為のスペーサーとなります。

 

posted by MOMO at 00:07| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

Mig-23 尾翼の仮組

フライングテール式の水平尾翼を支持するカーボンパイプを通す為の穴を空けます。

この機体は後部が絞り込まれている為 基準面が解りにくいです。

穴は簡単に空くのですが 両側面と中央のキールに対して正確に通さないと

尾翼が捩れ修正が出来ない為 今回は ボール盤を使いました。

X−Yテーブルと合わせても壱万円でお釣りがきます。

芯ブレやテーブルのガタはありますが 5mmのスチレンペーパーに

3.9mmの穴を50mm掘り込んでも

両側に均等にニクが残る程度の精度は在ります。

4mmのカーボンパイプを3.9mmの穴を空けた尾翼に差し込むとカチッと止まります。

 

パイプを通してアッチコッチから眺めて傾いてないか確認し おかしければ修正します。

通が出たら薄いベニヤにキツメの穴を空けたものをパイプの両側から通し

胴体両側面に接着し固まったらパイプを抜きます。

これでその後何時でも 通が簡単に再現出来ます。

このベニヤで穴を補強しておかないと スグに穴は広がってガタガタになります。

この後軸受を作り パイプを基準にして取り付けます。

posted by MOMO at 00:22| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

Mig-23 胴体の組立(2)

胴体側板を取り付けます!

言葉にするとこれだけです。

大きな部品だし 作業時間も掛かりますが 特に記事になるところはありません。

唯 後からはサーボが取り付け難いので先に固定しておきます。

また胴枠がない為 位置決めし辛いので 小さな切れ端を

テープで止めておきます。

一つ問題が発生しました。上手く接着出来ないときがあります。

どうも今回初めて使用したスプレー糊で貼った型紙をはがした後と

エポキシの相性が良くないみたいです。

ヒョットすると空中分解するかもしれません!!

posted by MOMO at 05:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

Mig-23 胴体の組立

仮組していた後部胴体と機首部をつなぎます。

当然ですが通芯をしっかり出します。

中心線はボールペンで書いてますが 芯出後消しています。

ドーサルフィンは飛行状態の位置です。

着陸時は 殆んど収納されてしまいます。

しかしこのメカが機能する前に 頭から着陸(墜落)しそうです。

posted by MOMO at 00:03| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Mig-23 Flogger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。