2006年05月25日

F-111 スイングアームの組立

スイングアームを組み立てます。

主翼下面のシートにスイングアームの基部となる部品を仮止めします。

スパーをテンプレートに描かれている取付位置に仮止めします。

この後 順番に部品を接着していきます。

穴を空ければ完成です。

反対側のスイングアームも同じようにして組み立てます。

左右がある為 この様にして 間違えないように組み立てます。

ピボットフレームも順に貼り重ねていきます。

 



posted by MOMO at 10:41| 福岡 ☁| Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

F-111 材料の切り出し�M。

最近はMickey Airplane Worksとの分業が進んでいるので あまり製作していません。

久しぶりにスチレンペーパーを切ったらチョッと緊張しました。

この機体を作るに当たって参照したF−14の主翼はスイングアームと翼 それにカーボンスパーが

其々かみ合っているので 切り出し精度が悪いと修正が難しくなります。

それで今回はスイングアームとスパーを支持する部分を別部品にしました。

その為スパーの位置決め用にテンプレートにマークを入れているので 主翼のテンプレートは

左右別になっています。

F−14と比べて 細く長いです。

ベニヤ部品との取り合い 及び動作を確認する為 仮組します。

左右の翼を開くとかなり 広いです。

ここら辺は図面では中々つかめない感覚です。

 

posted by MOMO at 21:43| 福岡 ☁| Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

F-111 材料の切り出し�L

ベニヤの部品はこれで全てです。

痺れました。

今日はこれでおしまいです。

posted by MOMO at 23:47| 福岡 ☁| Comment(4) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

F-111 材料の切り出し�K

テンプレートの出来ている部品のうち シナベニヤの分から切り出しに掛かりました。

糸鋸盤は F−14を作る時に準備はしたのですが イザ使ってみると チョッと手強い相手で

そう簡単には言う事をきいてくれませんでした。

それで今回はカッターでゴシゴシ力任せにやってみたのですが

腕が痛くて半分位切ったところで 止めました。

時間が掛かったわりに作業は進みませんでした。

残りは又明日です。

posted by MOMO at 21:32| 福岡 ☁| Comment(7) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

F-111 テンプレートの製作�K

通常と違うところは 今日から三日間連休になるだけなのですが

先月の29日以来 なにか異常なスピードで時間が過ぎてしまったような気がして

チョッと焦ります。

そんなわけで今日はあまり仕事が進まず テンプレート図面を描くのが精一杯でした。

主翼の開閉装置の ベニヤで作る部品です。

主翼です。

図面にしてみると結構大きかったです。

 

posted by MOMO at 21:29| 福岡 | Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

F-111 主翼開閉部の計画

主翼の骨になる部分を作ります。

この骨をスチレンペーパーで挟んで主翼を作ります。

ピボットフレームに左右の主翼を取り付けます。

開閉用のサーボはとりあえずの仮置きです。

機体に組み込み 主フレームと干渉が無いか確認します。

問題が無ければこれで主フレームの形状が確定出来るので テンプレートを作ります。

 

posted by MOMO at 17:39| 福岡 ☁| Comment(4) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

F-111 排気側ダクトの検討

この機体の正しい呼び名は知りませんが

F−35(X−35)の可変式排気ノズルが気になっています。

プラモデルにはこの様な部品が入っています。

以前見たビデオでは

ノズルがグルグルッと回りながら折れ曲がっていたような気がします。

プラモデルの部品の形状を見ると

三つの斜めに切り欠いた物を繋いでいるように見えます。

私なりにその仕組みを考えてみました。

これが正しいかどうかは知りませんが

いずれにしても こんな感じで折れ曲がるのは確かだと思います。

逆にこれがOKなら

”排気側のダクトは多少折れ曲がってもいいかな?!”

と自分の都合の良いように 勝手な解釈をしてしまいます。

今の計画では排気側ダクトを真っ直ぐに伸ばしている為

ダミーの排気ノズルとセンターがズレています。

これでもかなり胴体後部を太くしています。

その為 何となくデップリしていて

この頃のジェット機の特徴であるスマートさに欠ける気がします。

それで排気側ダクトのセンターをS字状に曲げ

排気口の位置を少し上に上げると共に 胴体後部をもう少し細くし直してみます。

posted by MOMO at 09:39| 福岡 ☔| Comment(2) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

F-111 テンプレートの製作

形状の確定しているものからテンプレートを作っていきます。

間違わないようにチェックを入れていきます。

とりあえず大きな部品から描いていきます。

紙がもったいないので 細かい部品は空いたところに描き込んでいきます。

 

posted by MOMO at 23:41| 福岡 | Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

F-111 材料の切り出し�K

インテークが機首部と干渉するところを切り欠きます。

この部分の重なるところの正確な線を得る事は出来ませんでした。

何か方法があるのかも知れませんが 解らないので 現物合わせで切り欠きます。

ここら辺のやり方は実際の作業をCAD上でやってみました。

只 図面に”現合”と書くよりは ほぼ正確な線を書いたほうが親切な気がします。

実際切断誤差や製作誤差程度に収まっています。

図面にこの位手間を掛けると製作は楽になります(筈です)。

この辺は地味な作業ですが この辺が終われば 後は殆んど平面なので

これまで作ってきた部品がそのままテンプレートとなります。

posted by MOMO at 23:25| 福岡 ☀| Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

F-111 材料の切り出し

胴体後部カバー及びインテークの材料を切り出す為のテンプレートを製作し

改めて 切り出した材料を組み立てます。

これまでの モデリングパーツから

実際にテンプレートから切り出した部品へと置き換えていきます。

重なったりズレているところが無いか確認します。

これから 少しずつテンプレートを作って部品を置き換えていきます。

 

オマケ

ジェット飛行艇の製作にボチボチ掛かる予定ですが

当初の計画の55mm乃至は64mmの単発と

50mmの双発の2種類を作ろうかなと思っています。

 

posted by MOMO at 22:30| 福岡 ☀| Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

F-111 インテークの製作�K

インテーク 及び胴体後部カバーのテンプレートを作ります。

どういう方法がCADの操作としてより良いのか解りませんが

実際やるとすれば胴枠に現物合わせで側板を張るわけですから

同じ工程でやってみました。

インテーク入口側は胴枠が無い為 仮想の胴枠の寸法を決め

後ろ側は ダクテッドファンが付く一番目の胴枠の寸法を用いて 木型を作ります。

スチレンペーパーを適当に切って木型に当てます。

型に沿って 四隅を切ります。

木型を外します。

スチレンペーパーを広げます。

片側だけですから 反対側に対称なものをコピーします。

これでインテークのテンプレートが出来ました。

胴体のカバーも同じ様に

胴枠にスチレンペーパーを沿わせてテンプレートを切り出します。

posted by MOMO at 22:59| 福岡 ☀| Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

F-111 インテークの製作

胴体カバーに続くインテークを作ります。

展開方法については 未だ解らないのですが とりあえず格好だけでも作ってみます。

ベントラルフィンは プラ板か何かで作って 両面テープで取り付けます。

胴体後部に未だチョコッと作ってないところがありますが とりあえずこれでおしまいです。

当初の計画通り EF-111Aにするのであれば

胴下のカヌー型レドームと垂直尾翼頂部のレドームをつけて

主翼端をちょん切ればそれらしくなります。

車輪が無いので 胴下のレドームは胴体着陸用スキッドと思えば

EF-111Aにした方が良いのかも知れません。

チョッと疲れたので 息抜きした後 テンプレートの製作に掛かります。

因みに今日3mmと5mmのスチレンペーパーを仕入れてきました。

 

posted by MOMO at 23:42| 福岡 ☁| Comment(2) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

F-111 胴体カバーの製作

胴体のカバーを作ります。

作り方は 普通のバルサ等で作る飛行機と同じやり方で

胴枠に沿って 板を張っていきます。

カバーを主フレームに組み込みます。

排気ダクト等と干渉が無いか確認します。

次はインテーク部分を作ります。

只 現在のものは 製作イメージで

CADデータとしては 例えば発砲スチロールのブロックから削りだした様なものです。

必要なデータはスチレンペーパーで製作出来るように 展開した形のものです。

まだその方法が良く解りません。

明日 考えます。

posted by MOMO at 23:28| 福岡 ☀| Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

F-111 主フレームの計画X

主フレームに主翼を取り付けます。

最終スケッチより主翼を作ります。

左右があるので スケッチの表と裏で作ります。

主翼をピボットフレームに取り付け 翼を後退させた時 干渉が無いか 確認します。

後は胴体のカバーと小物で大体終わりです。

殆んどの部品は平面にバラしているので 其のまま 2D図面に落として

3mmと5mmのスチレンペーパー用のテンプレートを作ります。

 

posted by MOMO at 20:55| 福岡 | Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

F-111 主フレームの計画�M

主フレームの後部に尾翼を取り付けます。

先ずは 最終スケッチより水平尾翼を作ります。

次に主フレーム後部を ホーンやサーボを取り付ける為 切り欠きます。

操縦は2サーボによるエレポンとします。

サーボ リンケージを取り付けます。

最後にカバーを被せます。

背中の膨らみの中にリンケージは納まりそうですが サーボが少しはみ出します。

 

posted by MOMO at 22:53| 福岡 | Comment(0) | F-111 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。